第4護衛隊群

第4護衛隊群(だいよんごえいたいぐん、英称:Escort Flotilla 4 )とは、海上自衛隊護衛艦隊隷下の護衛艦部隊(護衛隊群)の一つであり、部隊は呉基地及び佐世保基地に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

第4護衛隊群
第4護衛隊群ロゴマーク
創設 1971年(昭和46年)2月1日
所属政体 日本
所属組織 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 艦隊
所在地 広島県 呉市
上級単位 護衛艦隊


沿革

※ 編成(司令部、旗艦「てるづき」、第9護衛隊(「あやなみ」、「うらなみ」)、第11護衛隊(「たかなみ」、「おおなみ」、「まきなみ」))
※ 編成(司令部、旗艦「ひえい」、第1護衛隊、第23護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「ひえい」、第1護衛隊、第23護衛隊、第43護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「ひえい」、第1護衛隊、第41護衛隊、第43護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「ひえい」、第41護衛隊、第43護衛隊、第64護衛隊)
  • 1997年(平成9年)3月24日:隊番号の改正により、第43護衛隊が第4護衛隊に改称。第48護衛隊が第1護衛隊群から編入され第8護衛隊に改称。第41護衛隊を横須賀地方隊へ編成替え。
※ 編成(司令部、旗艦「ひえい」、第4護衛隊、第8護衛隊、第64護衛隊)
※ 群直轄艦、第64護衛隊を廃止し、第4護衛隊(DDHグループ)、第8護衛隊(DDGグループ)の2個護衛隊へ。

司令部編成

司令部は、呉基地に設置されている。

  • 護衛隊群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成

※ 平成29年3月22日時点

再編前の部隊編成

2008年3月25日以前の再編前の部隊編成は下記の通りである。

  • 直轄艦
    • DDH-142 ひえい
  • 第4護衛隊(呉基地)
  • 第8護衛隊(呉基地)
    • DD-113 さざなみ
    • DD-158 うみぎり

主要幹部

官職名階級氏名補職発令日前職
第4護衛隊群司令海将補平田利幸2020年08月25日海上幕僚監部人事教育部補任課長
首席幕僚1等海佐小圷聖一2019年09月09日統合幕僚監部運用部運用第2課運用室運営班長
→2019.9.2 第4護衛隊群司令部勤務
第4護衛隊司令1等海佐高橋秀彰2021年03月04日第1護衛隊群司令部首席幕僚
第8護衛隊司令1等海佐竹嶋広明2020年12月01日練習艦隊司令部首席幕僚
歴代の第4護衛隊群司令
(特記ない限り海将補)
氏名在職期間出身校・期前職後職備考
1門脇尚一1971.2.1
1971.12.15
海兵69期海上幕僚監部総務部総務課長
→1971.1.16 海上幕僚監部付
統合幕僚会議事務局第2幕僚室長
2松浦光利1971.12.16
1973.6.30
神戸高等商船海上幕僚監部調査部調査第1課長横須賀地方総監部幕僚長就任時1等海佐
1972.6.1 海将補昇任
3矢田次夫1973.7.1
1974.6.15
海兵72期海上幕僚監部防衛部防衛課長海上幕僚監部
→1974.7.1
統合幕僚会議事務局第5幕僚室長
4左近允尚敏1974.6.16
1975.12.15
海上自衛隊少年術科学校長練習艦隊司令官
5平野 彌1975.12.16
1977.3.31
東京高等商船佐世保地方総監部防衛部長横須賀地方総監部幕僚長就任時1等海佐
1976.7.1 海将補昇任
6吉田學1977.4.1
1979.1.31
海兵75期海上幕僚監部総務部総務課長海上幕僚監部防衛部付
→1979.3.22 同防衛部長
7藤川常夫1979.2.1
1980.2.14
海上自衛隊幹部候補生学校副校長海上幕僚監部調査部長
8一色行雄1980.2.15
1981.2.9
海上自衛隊第1術科学校
教育第1部長
海上幕僚監部付
→1981.7.1 退職
9小畑清幸1981.2.10
1982.2.15
広島大
1期幹候
第1護衛隊司令護衛艦隊司令部幕僚長就任時1等海佐
1981.2.16 海将補昇任
10中崎公夫1982.2.16
1984.3.15
海兵78期練習艦隊司令部幕僚
→1981.12.2 護衛艦隊司令部付
海上幕僚監部付
→1984.5.7 停年退職
就任時1等海佐
1983.3.16 海将補昇任
11吉川圭祐1984.3.16
1985.2.28
防大1期海上幕僚監部防衛部装備体系課長第2護衛隊群司令
12鈴木克男1985.3.1
1986.8.4
防大2期第62護衛隊司令舞鶴地方総監部幕僚長就任時1等海佐
1985.3.16 海将補昇任
13山本 誠1986.8.5
1987.8.9
防大4期海上幕僚監部防衛部運用課長
→1986.7.1 自衛艦隊司令部付
海上幕僚監部調査部長
14福地建夫1987.8.10
1988.7.6
防大5期海上幕僚監部総務部人事課長
→1986.9.9 海上幕僚監部付
海上幕僚監部総務部長
15加藤武彦1988.7.7
1989.12.14
防大6期海上幕僚監部防衛部教育第1課長練習艦隊司令官
16塚原武夫1989.12.15
1990.12.14
防大6期護衛艦隊司令部幕僚長
17山本安正1990.12.15
1992.6.15
防大7期潜水艦隊司令部幕僚長海上幕僚監部人事教育部長
18新田雅敏1992.6.16
1994.6.30
防大8期佐世保地方総監部防衛部長海上自衛隊第2術科学校
19谷 勝治1994.7.1
1995.6.29
防大11期呉地方総監部幕僚長統合幕僚会議事務局
第1幕僚室長
20金田秀昭1995.6.30
1997.6.30
防大12期舞鶴地方総監部幕僚長統合幕僚会議事務局
第5幕僚室長
21経田 勇1997.7.1
1999.7.8
護衛艦隊司令部幕僚長統合幕僚学校
22泉 徹1999.7.9
2000.6.30
防大17期海上幕僚監部人事課長海上幕僚監部調査部長
23武田壽一2000.7.1
2001.6.28
防大19期海上幕僚監部防衛部防衛課長大湊地方総監部幕僚長
24加藤耕司2001.6.29
2003.3.26
防大20期海上幕僚監部人事教育部教育課長呉地方総監部幕僚長
25東郷行紀2003.3.27
2004.3.4
防大18期艦艇開発隊司令練習艦隊司令官
26佐々木孝宣2004.3.5
2005.12.4
防大21期舞鶴地方総監部防衛部長
27山口 透2005.12.5
2006.12.5
防大22期海上幕僚監部防衛部運用課長第2護衛隊群司令
28井上力2006.12.6
2007.12.2
防大24期海上幕僚監部防衛部運用支援課長練習艦隊司令官
29德丸伸一2007.12.3
2009.12.6
防大25期情報本部統合情報部長
30山村浩2009.12.7
2011.4.26
防大28期海上幕僚監部防衛部防衛課長海上幕僚監部総務部副部長
31大津雅紀2011.4.27
2013.3.28
防大23期海上自衛隊幹部候補生学校副校長退職
32佐藤壽紀2012.3.28
2014.12.14
防大26期自衛艦隊司令部作戦主任幕僚阪神基地隊司令
33伊藤 弘[2]2014.12.15
2016.6.30
防大32期防衛大学校訓練部長統合幕僚監部防衛計画部副部長
34福田達也[3]2016.7.1
2018.12.19
防大34期大湊地方総監部幕僚長統合幕僚監部防衛計画部副部長
35西脇匡史2018.12.20
2020.8.24
防大37期海上幕僚監部防衛部運用支援課長護衛艦隊司令部幕僚長
36平田利幸2020.8.25防大39期海上幕僚監部人事教育部補任課長

脚注

  1. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第18条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年12月23日閲覧。
  2. 2015.5.31~8.27第151連合任務部隊(CTF151)司令官
  3. 2017.3.9~6.28 第151連合任務部隊(CTF151)司令官

参考文献

  • 防衛ハンドブック2012(朝雲新聞社・ISBN 978-4-7509-2033-7)
  • 防衛省人事発令
  • 世界の艦船』第750号 特集・護衛艦隊の50年(海人社、2011年11月号)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.