第3護衛隊群

第3護衛隊群(だいさんごえいたいぐん、英称:Escort Flotilla 3)とは、海上自衛隊護衛艦隊隷下の護衛艦部隊(護衛隊群)の一つであり、部隊は舞鶴基地及び大湊基地に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている[1]

第3護衛隊群
創設 1960年(昭和35年)12月1日
所属政体 日本
所属組織 海上自衛隊
部隊編制単位
兵種/任務/特性 艦隊
所在地 京都府 舞鶴市
上級単位 護衛艦隊

沿革

※ 編成(司令部、旗艦「しい」、第3護衛隊(「とち」、「まき」)、第4護衛隊(「つげ」、「かえで」、「もみ」)、第6護衛隊(「あさひ」、「はつひ」、「わかば」))
※ 編成(司令部、旗艦「ゆきかぜ」、第7護衛隊、第31護衛隊、第32護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「ながつき」、第10護衛隊、第12護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「ながつき」、第10護衛隊、第11護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「はるな」、第2護衛隊、第45護衛隊、第63護衛隊)
※ 編成(司令部、旗艦「はるな」、第42護衛隊、第45護衛隊、第63護衛隊)
  • 1995年(平成7年)11月29日:「あまつかぜ」を除籍、第63護衛隊が廃止。「しまかぜ」を直轄艦。
  • 1996年(平成8年)3月14日:第63護衛隊(「みょうこう」、「しまかぜ」)が新編。
  • 1997年(平成9年)3月24日:隊番号の改正により、第42護衛隊が第3護衛隊に、第45護衛隊が第7護衛隊に改称。
※ 編成(司令部、旗艦「はるな」、第3護衛隊、第7護衛隊、第63護衛隊)
※ 群直轄艦、第63護衛隊を廃止し、第3護衛隊(DDHグループ)、第7護衛隊(DDGグループ)の2個護衛隊へ。

司令部編成

司令部は、舞鶴基地(舞鶴北吸(きたすい)係留桟橋)に設置されている。

  • 護衛隊群司令
    • 首席幕僚
    • 幕僚
    • 先任伍長

また、自衛艦隊#司令部の編成を参照。

部隊編成

※ 平成31年2月27日時点

以前の部隊編成

平成20年3月25日以前の部隊編成は下記の通りである。

  • 第63護衛隊(舞鶴基地)
    • DDG-175 みょうこう
    • DDG-177 あたご

平成20年3月26日~平成27年3月24日までの部隊編成は下記の通りである。

主要幹部

官職名階級氏名補職発令日前職
第3護衛隊群司令海将補池内出2020年12月22日自衛艦隊司令部作戦主任幕僚
首席幕僚1等海佐江田大興2020年08月03日海上幕僚監部指揮通信情報部情報課付
第3護衛隊司令1等海佐濱﨑真吾2020年08月03日海上自衛隊幹部学校防衛戦略教育研究部主任教官
第7護衛隊司令1等海佐西村俊行2019年08月19日自衛艦隊司令部勤務
護衛艦隊司令部勤務


歴代の第3護衛隊群司令
(特記ない限り海将補)
氏名在職期間出身校・期前職後職備考
1関戸好蜜1960年12月1日
1961年8月14日
海兵57期第2護衛隊群司令海上自衛隊第1術科学校長
2星子直明1961年8月15日
1962年4月30日
神戸高等商船技術研究本部第5研究所
第2部長
自衛艦隊司令部付
→1962年7月1日
海上訓練指導隊群司令
1等海佐
3伍賀守雄1962年5月1日
1963年6月30日
海兵61期海上幕僚監部総務部総務課長
→1962年2月16日
海上幕僚監部付
統合幕僚会議事務局
第3幕僚室長
4渡部正通1963年7月1日
1963年9月9日
海兵62期第5護衛隊司令
→1961年12月16日
防衛研修所所員
海上幕僚監部付
→1963年10月1日 退職
5内田一臣1963年9月10日
1964年7月15日
海兵63期海上幕僚監部総務部人事課長
→1962年2月16日
海上幕僚監部付
→1963年8月1日
護衛艦隊司令部付
海上幕僚監部調査部長就任時1等海佐
1964年7月6日 海将補昇任
6水谷秀澄1964年7月16日
1965年11月15日
海兵62期護衛艦隊司令部幕僚長練習艦隊司令官就任時1等海佐
1965年1月1日 海将補昇任
7本村哲郎1965年11月16日
1967年1月15日
海兵65期海上幕僚監部総務部総務課長横須賀地方副総監就任時1等海佐
1966年1月1日 海将補昇任
8谷川清澄1967年1月16日
1968年7月15日
海兵66期海上幕僚監部総務部人事課長統合幕僚会議事務局
第1幕僚室長
9今井梅一1968年7月16日
1969年6月30日
海兵67期海上自衛隊幹部候補生学校教育部長海上幕僚監部調査部長就任時1等海佐
1969年1月1日 海将補昇任
10最上暢雄1969年7月1日
1970年12月31日
防衛大学校教授
→1969年3月17日
海上訓練指導隊群司令部付
海上幕僚監部付
→1971年3月16日
防衛研修所副所長
11宮田敬助1971年1月1日
1972年6月15日
海兵69期海上自衛隊少年術科学校長海上幕僚監部付
→1972年7月1日 同総務部長
12寺部甲子男1972年6月16日
1974年1月15日
海兵71期第1護衛隊司令横須賀地方総監部付
→1974年4月1日
防衛大学校訓練部長
就任時1等海佐
1973年1月1日 海将補昇任
13佐藤文夫1974年1月16日
1975年7月31日
海兵73期海上幕僚監部総務部総務課長海上幕僚監部付
→1975年9月1日
同総務部長
就任時1等海佐
1974年7月1日 海将補昇任
14秋山正之1975年8月1日
1976年8月31日
海兵74期海上幕僚監部総務部
総務課長
海上幕僚監部付
→1976年12月1日 同総務部長
15小室祥悦1976年9月1日
1977年12月4日
海上幕僚監部調査部
調査第1課長
練習艦隊司令官
16植田一雄1977年12月5日
1978年12月10日
海上自衛隊第1術科学校教育第1部長就任時1等海佐
1978年2月1日 海将補昇任
17柳幸士朗1978年12月11日
1979年12月4日
海兵75期自衛艦隊司令部幕僚舞鶴地方総監部幕僚長就任時1等海佐
1979年3月16日 海将補昇任
18菅田昭男1979年12月5日
1980年12月4日
海兵76期海上自衛隊幹部学校教育部長練習艦隊司令官
19田邊元起1980年12月5日
1981年12月1日
第1練習隊司令就任時1等海佐
1981年3月16日 海将補昇任
20小川正美1981年12月2日
1983年12月19日
水産講習所
2期幹候
第52護衛隊司令就任時1等海佐
1982年1月1日 海将補昇任
21伊東隆行1983年12月20日
1984年12月16日
海保大2期・
6期幹候
横須賀地方総監部幕僚長
22松本正幸1984年12月17日
1985年12月19日
商船大
6期幹候
中央通信隊群司令海上幕僚監部付
→1986年3月31日 退職
23白石洋介1985年12月20日
1986年12月4日
防大1期護衛艦隊司令部幕僚長開発指導隊群司令就任時1等海佐
1986年7月1日 海将補昇任
24堀内敏夫1986年12月5日
1988年3月15日
防大3期舞鶴地方総監部防衛部長大湊地方総監部幕僚長
25内田耕太郎1988年3月16日
1988年12月14日
防大4期大湊地方総監部防衛部長海上幕僚監部装備部長
26小田優秀1988年12月15日
1989年12月14日
防大5期舞鶴地方総監部幕僚長防衛大学校訓練部長
27古賀雄次郎1989年12月15日
1990年3月15日
防大7期海上幕僚監部防衛部
防衛課長
呉地方総監部幕僚長
28五味睦佳1990年3月16日
1992年12月14日
防大8期護衛艦隊司令部幕僚長練習艦隊司令官
29牛来邦夫1992年12月15日
1994年12月14日
防大9期大湊地方総監部幕僚長自衛艦隊司令部幕僚長
30勝山 拓1994年12月15日
1996年12月15日
防大12期海上幕僚監部人事教育部
人事課長
練習艦隊司令官
31古庄幸一1996年12月16日
1997年12月7日
防大13期海上幕僚監部人事教育部人事課長就任時1等海佐
1997年3月26日 海将補昇任
32吉川榮治1997年12月8日
1999年12月9日
防大15期舞鶴地方総監部幕僚長
33香田洋二1999年12月10日
2001年1月10日
防大16期護衛艦隊司令部幕僚長海上幕僚監部防衛部長
34袴田忠夫2001年1月11日
2001年12月2日
防大17期海上幕僚監部調査部長
35杉本正彦2001年12月3日
2002年12月1日
防大18期練習艦隊司令官
36河野克俊2002年12月2日
2004年3月28日
防大21期海上幕僚監部防衛部
防衛課長
佐世保地方総監部幕僚長
37古閑 修2004年3月29日
2005年7月27日
防大16期海上訓練指導隊群司令開発隊群司令
38宮崎行隆2005年7月28日
2007年7月3日
防大20期情報業務群司令海上自衛隊幹部候補生学校長
39鍛治雅和2007年7月4日
2008年11月30日
防大24期護衛艦隊司令部幕僚長防衛監察本部監察官
40堂下哲郎2008年12月1日
2010年3月28日
防大26期海上自衛隊幹部候補生学校長
41佐伯精司2010年3月29日
2011年8月4日
東京大[2]
35期幹候
海上幕僚監部指揮通信情報部
指揮通信課長
統合幕僚監部指揮通信システム部長
42北川文之2011年8月5日
2012年12月3日
防大26期自衛艦隊司令部作戦主任幕僚練習艦隊司令官
43中畑康樹2012年12月4日
2014年12月14日
防大30期潜水艦隊司令部幕僚長
44眞鍋浩司2014年12月15日
2016年12月19日
防大28期自衛艦隊司令部作戦主任幕僚
45梶元大介[3]2016年12月20日
2018年12月19日
防大32期横須賀地方総監部管理部長
46石巻義康[4]2018年12月20日
2020年12月21日
防大36期海上幕僚監部人事教育部厚生課長
47池内 出2020年12月22日防大35期自衛艦隊司令部作戦主任幕僚

脚注

  1. 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)第18条”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年12月23日閲覧。
  2. 昭和59年卒(防大28期相当)
  3. 2018.3.1~6.27第151連合任務部隊(CTF151)司令官
  4. 2020.2.20~7.16 第151連合任務部隊(CTF151)司令官

参考文献

  • 世界の艦船』第358号 特集・自衛艦隊(海人社、1985年12月号)
  • 『世界の艦船』第750号 特集・護衛艦隊の50年(海人社、2011年11月号)

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.