第一原理経路積分分子動力学法

第一原理経路積分分子動力学法(だいいちげんりけいろせきぶんぶんしどうりきがくほう、First-principles path-integral molecular dynamics method)とは、経路積分手法と第一原理分子動力学法とを、融合(統合)した手法。

水素のような非常に軽い元素は、原子核(この場合はプロトン、つまり陽子のこと)自身が持つ量子効果を無視できない場合が出てくる。この量子効果を記述するために経路積分法を用いる。適用されるのは、水素のような軽元素以外に、固体内でのミューオンの挙動などを記述する場合にも用いられる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.