竹内悌三

竹内 悌三(たけうち ていぞう、1908年11月6日 - 1946年4月12日)は、東京府(現在の東京都)出身のサッカー選手。照明デザイナーの石井幹子は娘[2]

竹内 悌三
名前
カタカナ タケウチ テイゾウ
ラテン文字 TAKEUCHI Teizo
基本情報
生年月日 1908年11月6日
大日本帝国, 東京府
没年月日 (1946-04-12) 1946年4月12日(37歳没)
ソビエト連邦, アムール州
身長 170cm[1]
体重 62kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
浦和高校
1928-1932 東京帝国大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京倶楽部
代表歴
1930-1936 日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説)■サッカー選手pj

経歴

東京府立第五中学校(現:東京都立小石川中等教育学校)在学中よりサッカーを始め、浦和高等学校 を経て、1928年に東京帝国大学に入学してア式蹴球部に入部した。在学中の1930年に開催された第9回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出され、フィリピン代表戦で日本代表として初出場した。

1932年に大学卒業後は東京火災保険会社)に入社。1936年に開催されたベルリンオリンピックの日本代表に選出され[1]、主将としてスウェーデン代表戦など2試合に出場した。

1944年、第二次世界大戦に伴って兵役に就き、終戦後はシベリア抑留となり、1946年4月、同地のアムール州第20収容所で死去した。

2006年日本サッカー殿堂に特別選考により選出された。

2015年、長女の石井幹子により『竹内悌三賞』が創設される[3]

所属クラブ

代表歴

出場大会

試合数

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(1930-1936)
日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1930200020
1931000000
1932000000
1933000000
1934000000
1935000000
1936204060
通算 404080

出典

  1. 「オリムピックへ十六選手決定す」朝日新聞 (1936年4月23日) 2016年9月11日閲覧
  2. 東京タワーが青色に/W杯での健闘を願う”. 四国新聞 (2002年5月25日). 2012年9月1日閲覧。
  3. サッカーを愛する母と子のために ~照明デザイナーの石井幹子さんが竹内悌三賞を創設~”. JFA (2015年7月3日). 2016年5月20日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.