空色のキセキ

空色のキセキ(そらいろのキセキ)は、SUPER☆GiRLSの9枚目のシングル[注 4]2014年2月12日iDOL Streetから発売された。

空色のキセキ
SUPER☆GiRLSシングル
初出アルバム『超絶少女☆BEST 2010〜2014
B面 Catch The Dream
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル iDOL Street
作詞・作曲 BOUNCEBACK(作詞)
小川裕一郎(作曲 #1)
丸山真由子(作曲 #2)
チャート最高順位
SUPER☆GiRLS シングル 年表
年下の男の子
センチメンタル・ジャーニー
ジン ジン ジングルベル
(2013年)
空色のキセキ
(2014年)
花道!!ア〜ンビシャス
(2014年)

概要

オリジナルメンバー八坂沙織が本作を最後に参加し、10人体制としては最後のシングル[1][2]

「空色のキセキ」は2013年12月22日に行われた「iDOL Street Carnival 2013 WINTER X'mas Special 〜これが私のアイドル道〜」で初披露された[2]

2014年2月の「ラジオ日本パワーチューン」に選ばれた[注 5]

ジャケットA(CD+DVD)、ジャケットB(CDのみ)、イベント会場・mu-moショップ限定盤(ジャケットC、CDのみ)、イベント会場・mu-moショップ限定盤(ミュージックカード×11形態)の4種14形態。

収録曲

  1. 空色のキセキ [5:05]
    作詞:BOUNCEBACK、作曲:小川裕一郎、編曲:大西克巳
  2. Catch The Dream [4:18]
    作詞:BOUNCEBACK、作曲:丸山真由子、編曲:清水武仁
  3. 空色のキセキInstrumental
    ジャケットBにのみ収録。
  4. Catch The Dream(Instrumental)
    ジャケットBにのみ収録。

ジャケットA

  1. 空色のキセキ(ミュージック・ビデオ
  2. Making Movie

タイアップ

  1. 中京テレビ・日本テレビ系『フットンダ』2014年2月エンディングテーマ
  2. 日本テレビ系『ミュージックドラゴン』POWER PLAY

イベント

日程 公演名 会場 備考
2014年
1月12日・2月1日
発売記念 グループ別握手会 avex本社 mu-moショップで販売された参加券付き商品購入者対象
2月8日 発売記念 八坂沙織 個別握手会 mu-moショップで販売された参加券付き商品購入者対象
2月11日 発売記念スペシャルイベント!イトーヨーカドー×SUPER☆GiRLSメンバー店員企画 アリオ西新井 ミニライブ・福引き・CD即売会
2月12日 発売記念 Thanksgiving Event HMVルミネエスト新宿
SHIBUYA TSUTAYA
グループ別握手会
14日の東京会場(アキバ☆ソフマップ1号店、HMV目黒)は降雪のため中止
2月13日 アキバ☆ソフマップ1号店
タワーレコード新宿
2月14日 アキバ☆ソフマップ1号店
HMV目黒
ヤマハ心斎橋
2月15日(中止 発売記念 握手会イベント ラゾーナ川崎プラザ ミニライブ・グループ別握手会
15日は降雪のため中止
2月16日 千里セルシー
2月22日 発売記念 個別撮影会 avex本社 mu-moショップで販売された参加券付き商品購入者対象
3月1日 サンライズビル
3月2日 発売記念 グループ別握手会 avex本社 mu-moショップで販売された参加券付き商品購入者対象

脚注

注釈

  1. 39,604枚(2014年2月24日付)
  2. 11,048枚(2014年2月12日付)・11,139枚(2014年2月13日付)。なお初日は13,031枚で3位(2014年2月11日付)。
  3. 40,699枚(2014年2月度)
  4. 年下の男の子」、「センチメンタル・ジャーニー」、「ジン ジン ジングルベル」を含めた場合、11作目。ただし、「Music Ribbon」イベント無料配布シングルである「Celebration 〜Music Ribbon ver.〜」は含んでいない。
  5. 楽曲の選定はレコード会社によるエントリー楽曲の中から、編成局長、編成部長、制作部長、番組プロデューサー、ディレクターの投票で行われる。

出典

  1. 「SUPER☆GiRLS Next Street 2014」本日の発表内容”. SUPER☆GiRLS公式サイト (2013年12月22日). 2013年12月28日閲覧。
  2. スパガ・リーダー八坂沙織が卒業発表”. 日刊スポーツ (2013年12月22日). 2013年12月28日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.