穴水町

あなみずまち
穴水町
穴水町旗 穴水町章
1959年1月10日制定[1]
日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
鳳珠郡
市町村コード 17461-1
法人番号 6000020174611
面積 183.21km2
(境界未定部分あり)
総人口 7,642[編集]
推計人口、2020年12月1日)
人口密度 41.7人/km2
隣接自治体 七尾市輪島市羽咋郡志賀町鳳珠郡能登町
町の木 アテ
町の花 ササユリ
町の鳥 キジ
穴水町役場
町長 石川宣雄
所在地 927-8601
石川県穴水町字川島ラの174番地
北緯37度13分51.3秒東経136度54分44.2秒
外部リンク 公式ウェブサイト

― 市 / ― 町

  ウィキプロジェクト

穴水町(あなみずまち)は、石川県能登半島中央に位置するで、鳳珠郡に属している。

概要

隣接する旧鳳至郡門前町と合併し鳳町(おおとりまち)になる計画で法定合併協議会が開かれていたが、協議はまとまらず、やがて解散。その後前述の門前町、さらに旧輪島市(合併前)を加えた三者対等合併も計画されたが、旧輪島市議会の否決によって実現できず単独町政が続いている。

星空の町108市町村の一つとして選ばれ、1992年環境庁(当時)などが主催する第4回「星空の町・あおぞらの街」全国大会が開催された。

地理

町の北部、西部は丘陵地で南部は七尾北湾、東部は富山湾に面する。

気候は1月、2月には降雪はあるが、丘陵が風をさえぎるため冬でも比較的穏やかといえる。

隣接する自治体

歴史

人口

穴水町と全国の年齢別人口分布(2005年) 穴水町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 穴水町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

穴水町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政

町長

第二次穴水町歴代町長
氏名就任退任備考
11樋爪啓太郎1908年(明治41年)7月3日1912年(明治45年)7月2日
21912年(明治45年)7月3日1916年(大正5年)7月1日
32佐藤実1916年(大正5年)7月13日1918年(大正7年)3月2日
43清水省三1918年(大正7年)5月18日以降不明
??日吉宗能1947年(昭和22年)4月5日1950年(昭和25年)1月15日[4]
歴代町長
氏名就任退任備考
黒川理輔1954年(昭和29年)3月31日1954年(昭和29年)4月23日[5]
11布施丑雄1954年(昭和29年)4月24日1958年(昭和33年)4月23日
21958年(昭和33年)4月24日1962年(昭和37年)4月23日
31962年(昭和37年)4月24日1966年(昭和41年)4月23日
42瀬那重雄1966年(昭和41年)4月24日1970年(昭和45年)4月23日
51970年(昭和45年)4月24日1974年(昭和49年)4月23日
61974年(昭和49年)4月24日1978年(昭和53年)4月23日
71978年(昭和53年)4月24日1982年(昭和57年)4月23日
81982年(昭和57年)4月24日1984年(昭和59年)6月6日[6]
93小泉進一1984年(昭和59年)7月8日1986年(昭和61年)1月3日[7]
104坂本明1986年(昭和61年)2月2日1990年(平成2年)2月1日
111990年(平成2年)2月2日1994年(平成6年)2月1日
121994年(平成6年)2月2日1998年(平成10年)2月1日
131998年(平成10年)2月2日2002年(平成14年)2月1日
142002年(平成14年)2月2日2006年(平成18年)2月1日
155石川宣雄2006年(平成18年)2月2日2010年(平成22年)2月1日
162010年(平成22年)2月2日2014年(平成26年)2月1日
172014年(平成26年)2月2日2018年(平成30年)2月1日
182018年(平成30年)2月2日現職
  • 町長 - 石川 宣雄(いしかわ・のぶお)

議会

定数:10[8]

経済

産業

  • 主な産業
農林水産業が主な産業で、農産物ではスイカ、栗、水産物では牡蛎貝、ナマコ、メバル、クロダイなどが特産品である。
  • 産業人口(2010年国勢調査)[9]
    • 第1次産業 519人
    • 第2次産業 1,915人
    • 第3次産業 2,754人

商業地区

  • 穴水商店街
穴水駅と穴水町役場に挟まれる地域に商店や飲食店が多く集まる地区があり、特に輪島警察署穴水庁舎から穴水小学校の間には穴水の商店通りが展開している。しかし道が狭く大きな駐車場もないので近所の人以外はやや利用しにくい状況になっている。
のと里山海道の終点にもなっている穴水IC(以前は此木ICといった)のある交差点は、能登有料道路の先が珠洲道路になり、それに交差して石川県道1号七尾輪島線が通っていて、能登中部の重要な交通の要所になっている。ここに多数のお店が並んでおり、郵便局のATMおよび無料の大駐車場も完備して、穴水のみならず、奥能登全体から人が集まる拠点として近年注目されている。

町の活性化

  • 合宿誘致
穴水町では、合宿等誘致事業費補助金交付制度を整えており[10]、町外の人と町民との交流人口の拡大を図り[11]、成果を挙げている[12]
  • 「落語のまち」づくり
落語家初代林家三平の妻海老名香葉子が終戦前後に穴水に疎開したことなど林家一門とつながりがあることから[2]、「落語のまち」づくりに生かし、笑いを町の活性化につなげようという町の施策。講師として林家一門を招き、落語会や「三平堂塾」などを開催している[13]

姉妹都市・提携都市

国内

地域

輪島警察署穴水庁舎

警察

消防

国の行政機関

高等学校

中学校

小学校

  • 穴水町立(2校)
    • 穴水小学校
    • 向洋小学校

図書館

  • 穴水町立図書館(穴水町さわやか交流館プルート内)

博物館・美術館等

  • 能登中居鋳物館
  • 穴水町歴史民俗資料館

交通

穴水駅

空港

  • 能登空港
    空港所在地は輪島市であるが、滑走路の大半が穴水町にある。
    羽田空港から全日空便が1日2便あり、約70分で結んでいる。

鉄道

過去の鉄道路線

道路

バス

地方港湾

  • 穴水港

漁港

  • 第1種
    • 古君漁港
    • 宇加川漁港
    • 前波漁港
    • 沖波漁港
    • 甲漁港
    • 曽良漁港
    • 鹿波漁港
    • 岩車漁港
    • 新崎漁港

観光

祭り・イベント

名所・旧跡

特産品

著名な出身者・ゆかりの人物

ゆかりの人物

関連項目

脚注

  1. 図典 日本の市町村章 p105
  2. ◎「穴水が私の原点」 海老名香葉子さん「ふるさとお話会」 仮設住宅に報恩行脚 47NEWS2007年10月9日(2014年3月20日閲覧)
  3. 震度が過大に観測され、実際は6弱だった可能性がある。「震度計:26地点で運用停止 軟弱地盤で過大観測」 毎日新聞 2010年3月30日
  4. 日吉は1950年1月15日実施のリコール投票で解職が決定し、町選挙管理委員会異議申立てしたが却下された。その後、解職請求の無効を求めて最高裁まで争い、1951年12月に、最高裁は日吉の任期が同年4月4日で終了していて、訴えの利益が失われていることを理由に上告棄却した。『昭和26年12月28日 最高裁判所第二小法廷 判決 昭和26年(オ)149号』
  5. 町長職務執行者、旧住吉村長
  6. 収賄容疑で逮捕され辞職
  7. 在職中死去
  8. 穴水町議会議員選挙”. 選挙ドットコム. 2019年5月8日閲覧。
  9. 穴水町人口ビジョン”. 穴水町. 2019年5月8日閲覧。
  10. 合宿等誘致事業費補助金交付制度
  11. 穴水町合宿等誘致事業費補助金交付要綱
  12. 能登穴水「田舎の豊かな暮らし」推進事業落研合宿の第1号、学習院大生ら到着 穴水 柳家小団治師匠ら講師『北国新聞』2010年8月23日。
  13. 穴水「落研」合宿、林家一門が支援 町の誘致事業 8月、第1号で「三平堂塾」『北国新聞』2010年7月26日。林家一門が落語指導 穴水の中学生に『北国新聞』2011年10月27日。
  14. 穴水町長コラム第67号
  15. 「海老名文庫」千冊超える 穴水総合病院 北国新聞2014年1月31日(2014年3月20日閲覧)
  16. 広報あなみず2010年1月号
  17. 林家三平さん夫婦が殿と奥方に 穴水で長谷部まつり北国新聞2012年7月23日(2014年3月29日閲覧)。ちなみに、奥方役は妻の国分佐智子が務めている。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.