秦基博

秦 基博(はた もとひろ、1980年10月11日 - )は、日本シンガーソングライター。所属事務所はオフィスオーガスタ、所属レーベルはユニバーサルミュージック宮崎県日南市生まれ、神奈川県横浜市育ち。身長178cm[2]。血液型A型。

秦 基博
生誕
出身地 日本神奈川県横浜市
学歴 法政大学経営学部卒業
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1999年 -
レーベル
事務所 オフィスオーガスタ
共同作業者
公式サイト 秦基博 公式サイト

経歴

宮崎県日南市で3人兄弟の末っ子として生まれ、1988年7月に神奈川県横浜市に転居[2]。12歳の時に長兄が3,000円でもらったギターを初めて手にし[3][2]、中学時代から作曲し高校生の頃から本格的に楽曲制作を行うようになった。

高校最後のライブで、初めて観客の前で演奏し、大学に進学する頃に友人の伝で横浜のライブハウスF.A.D YOKOHAMAに出演するようになる[3]。以降、横浜を中心に渋谷下北沢などで弾き語りでのライブ活動を展開。

2004年1月20日にインディーズミニアルバムオレンジの背景の赤い静物』を発売。

2005年の末頃、ライブハウス出演時に偶然その場に居合わせたオフィスオーガスタのスタッフから声をかけられ[2]、2006年3月より同社に所属。7月に開催された『Augusta Camp 2006』に出演し、オープニングアクトを務める[4]。11月8日にシングル『シンクロ』でメジャーデビュー。同曲は全国FMパワープレイ獲得数の新記録(43局)を樹立した[5]

2007年9月26日に1stアルバム『コントラスト』を発売。11月24日より、全国ツアー『秦 基博 1st LIVE TOUR "CONTRAST"』を全国7ヶ所で開催し、約1万人を動員[6]。12月27日、F.A.D YOKOHAMAでスペシャルライブ『BACK TO F.A.D!』を開催し、初の凱旋公演を行った[7]

2008年3月15日にスペースシャワーTVSPACE SHOWER Music Video Awards 08』で『鱗(うろこ) -Director's Cut Ver.-』がBEST MALE VIDEOを受賞[8]

2009年3月6日に単独公演としては自身初となる日本武道館公演を開催。5月4日より初の弾き語りツアー『GREEN MIND 2009』を全国21ヶ所公演で開催[9]

2013年10月16日にセルフセレクションアルバム『ひとみみぼれ』を発売[10]

2014年4月18日に映画『STAND BY ME ドラえもん』で主題歌を担当することを発表し[11]、8月6日に同作の主題歌『ひまわりの約束』がシングルとして発売された[12]。10月29日に弾き語りベスト・アルバム『evergreen』発売。同作は第56回日本レコード大賞企画賞を受賞した[13][14]

2015年7月3日に青森県の縄文遺跡群の魅力や価値に関する情報発信を行う親善大使「あおもり縄文大使」に任命される[15]

2016年11月1日よりデビュー10周年を記念して、自身初の全国アリーナツアー『Hata Motohiro 10th Anniversary ARENA TOUR “All The Pieces”』を開催。同公演内にてデビュー10周年を記念して自身初のスタジアムライブを来春に横浜スタジアムにて行うことを発表した[16]

2017年5月4日、デビュー10周年を記念して初の野外単独ライブ『HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STUDIUM』が開催され、2万5000人を動員した[17]。同日、4thアルバム『Signed POP』収録曲で、テレビドラマ『恋がヘタでも生きてます』の主題歌となった「Girl」が自身初のリカット・シングルとして発売された[18]。6月14日にデビュー10周年を記念して初となるオールタイム・ベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』が発売された[19]

2020年8月27日にF.A.D YOKOHAMAで自身初の無観客ライブ『Hata Motohiro Live at F.A.D YOKOHAMA 2020』が開催された[20]

人物

作品

CDシングル

発売日タイトル品番オリコン
最高位
初収録アルバム
初回限定盤通常盤
1st 2006年11月8日 シンクロ 44位 コントラスト
2nd 2007年6月6日 鱗(うろこ) 25位
3rd 2007年9月12日 青い蝶 22位
4th 2008年4月23日 キミ、メグル、ボク 15位 ALRIGHT
5th 2008年6月4日 虹が消えた日 13位
6th 2008年10月8日 フォーエバーソング 10位
7th 2009年1月21日朝が来る前に 5位 Documentary
8th 2009年8月12日 Halation 10位
9th 2010年1月13日 アイ 5位
2010年6月9日 アイ Premium Package(完全生産限定盤) 36位
10th 2010年8月11日 透明だった世界 13位
11th 2010年9月8日 メトロ・フィルム 11位
12th 2011年6月15日 水無月 14位 Signed POP
2012年5月30日 アルタイル
(“秦基博 meets 坂道のアポロン”名義)
17位
13th 2012年10月31日 Dear Mr. Tomorrow 18位
14th 2013年1月16日 初恋/グッバイ・アイザック 14位
15th 2013年5月29日 言ノ葉 11位 All Time Best ハタモトヒロ
16th 2014年4月23日 ダイアローグ・モノローグ 9位 青の光景
17th 2014年8月6日 ひまわりの約束 10位
2014年12月24日 ひまわりの約束-Deluxe Edition-(完全生産限定盤)
18th 2015年6月3日 水彩の月 9位
19th 2015年9月9日 Q & A 17位
20th 2016年2月24日 スミレ 16位 All Time Best ハタモトヒロ
21st 2016年10月19日 70億のピース/終わりのない空 12位
22nd 2017年5月3日 Girl 15位 Signed POP
23rd 2019年11月6日 Raspberry Lover 16位 コペルニクス
24th 2021年1月27日 泣き笑いのエピソード UMCA-59060UMCA-50059 17位

EP

発売日タイトル順位
1st 2012年2月8日エンドロールEP9位

アナログレコード

発売日タイトル 備考
1st 2013年10月16日 Girl 4thアルバム『Signed POP』からシングルカット
完全生産限定
2nd 2018年5月2日 ひまわりの約束 数量限定生産
3rd 2018年11月3日 2018年レコードの日限定盤

デジタルリリースと同時発売

4th 2019年11月6日 Raspberry Lover UNIVERSAL MUSIC STORE 限定盤

ミニ・アルバム

発売日タイトル順位
1st 2007年3月7日僕らをつなぐもの50位
2009年1月21日僕らをつなぐもの プレミアム・エディション11位

オリジナル・アルバム

発売日タイトル順位
1st 2007年9月26日コントラスト5位
2nd 2008年10月29日ALRIGHT7位
3rd 2010年10月6日Documentary3位
4th 2013年1月30日Signed POP3位
5th 2015年12月16日青の光景2位
6th 2019年12月11日コペルニクス6位

ベスト・アルバム

発売日タイトル順位
1st 2010年3月3日 BEST OF GREEN MIND '09 8位
2nd 2013年10月16日ひとみみぼれ4位
3rd 2014年10月29日evergreen6位
4th 2017年6月14日All Time Best ハタモトヒロ1位
5th 2021年3月17日(予定)evergreen2-位

インディーズ時代の作品

発売日タイトル
ミニアルバム 2004年1月20日オレンジの背景の赤い静物
デモ音源 2006年 DEMOTRACKS

配信限定作品

発売日タイトル
2008年3月26日 SHIBUYA-AX '07
2008年12月26日 フォーエバーソング(Live at The Room)
2009年1月21日 ライブ@中野サンプラザ27/12/2008
2017年9月6日 鱗(うろこ)‐岡崎体育Remix‐
2018年11月3日
2019年3月13日 仰げば青空

DVD/Blu-ray

発売日タイトル順位備考
ライブ・ビデオ 2009年9月16日LIVE AT BUDOKAN13位
MV集 2011年11月23日BEST MUSIC CLIPS 2006-201118位
MV集+ライブ・ビデオ
セットボックス
5th Anniversary DVD BOX
BEST MUSIC CLIPS 2006-2011
+DOCUMENTARY TOUR FINAL+GREEN MIND 2011
18位初回生産限定
ライブ・ビデオ
セットボックス
2012年6月27日GREEN MIND AT BUDOKAN
+LIVE AT OSAKA-JO HALL 〜5TH ANNIVERSARY〜
Blu-ray限定発売/初回生産限定[注釈 1]
ライブ・ビデオ GREEN MIND AT BUDOKAN18位
LIVE AT OSAKA-JO HALL 〜5TH ANNIVERSARY〜17位
2013年5月29日 GREEN MIND 201211位初回限定生産(DVD限定発売)[注釈 2]
2013年12月25日 Signed POP TOUR43位
2014年4月30日 Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-16位
2015年4月29日 GREEN MIND 201410位
2016年10月19日 HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景-12位初回限定生産(Blu-ray/DVD限定発売)[注釈 3]
2017年11月8日 LIVE AT YOKOHAMA STADIUM -10th Anniversary-
2020年5月20日 MTV Unplugged: Hata Motohiro

収録作品

発売日タイトル収録曲
2008年11月26日 ラブレター 鱗(うろこ) [25]
2009年6月24日 月ノうた 僕らをつなぐもの [26]
2009年6月24日 冬ノうた 風景 [27]

楽曲提供

アーティスト担当タイトル初出
一青窈 作曲 「空中ブランコ」 受け入れて
土岐麻子 作曲 「やわらかい気配」 BEST! 2004-2011
南波志帆 作曲 「髪を切る8の理由。」 乙女失格。
山下智久 作詞 「HELLO」
V6 作詞・作曲 「Beautiful World」 Beautiful World
クミコ 作曲 「さみしいときは恋歌を歌って」 『さみしいときは恋歌を歌って/恋に落ちる』
花澤香菜 作曲 「ざらざら」 『ざらざら』
D-LITE 作曲 「D-Day」 『D-Day』
上白石萌音 作詞・作曲 「告白」 『and…』
福耳 作詞・作曲 「Swing Swing Sing」 ブライト/Swing Swing Sing
バカリズムと 作曲・編曲 「「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズム)」 『「いくらだと思う?」って聞かれると緊張する(ハタリズム)』
杉並児童合唱団 作曲 「最高のぼくら」 『最高のぼくら』
ハルレオ 作詞・作曲 「さよならくちびる」 『さよならくちびる』

参加作品

アーティストタイトル初出
大橋卓弥 「そろそろいかなくちゃ (VOICE×VOICE Vol.1: 秦基博)」 はじまりの歌
平井堅 「Cry & Smile!!」 キャンバス/君はス・テ・キ♡
福耳 「DANCE BABY DANCE」 DANCE BABY DANCE/夏はこれからだ!
「夏はこれからだ!」
なごり雪 福耳 THE BEST ACOUSTIC WORKS
「ブライト」 ブライト/Swing Swing Sing
「Swing Swing Sing」
「イッツ・オールライト・ママ」 イッツ・オールライト・ママ
「あぶない部下と危険な上司」 『シンガーとソングライター〜COIL 20th Anniversary〜』
「八月の夢」 ALL TIME BEST 〜福耳 20th Anniversary〜
「LOVE & LIVE LETTER」 LOVE & LIVE LETTER
「愛を歌う」 『Augusta HAND×HAND』
「冬はこれからだ!」
ムッシュかまたつ 「あの時君は若かった feat. 秦 基博」 『1939〜MONSIEUR』
COIL 「ラーメン'95」 10th Anniversary Songs〜Tribute to COIL〜
「64」
槇原敬之 「彼女の恋人」 We Love Mockey
山崎まさよし 「ツバメ」 HOME〜山崎まさよしトリビュート〜
冨田ラボ 「パラレル feat. 秦 基博」 パラレル feat. 秦 基博
大橋トリオ 「モンスター feat. 秦 基博」 『White』
THE YELLOW MONKEY SPARK THIS IS FOR YOU〜THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM
さかいゆう 「ピエロチック feat. 秦 基博」 薔薇とローズ
杏子 「Down Town Christmas(Reprise)」 『Down Town Christmas(Reprise)』
エレファントカシマシ 風に吹かれて 『エレファントカシマシ カヴァーアルバム2』
ストレイテナー 「灯り」 灯り
フジファブリック 「あなたの知らない僕がいる feat. 秦 基博」 『I Love You』
くまモン 「くまモンもん」 くまモンもん
KAN 「キセキ」 『23歳』

タイアップ一覧

楽曲 タイアップ
シンクロ TBS系『COUNT DOWN TV』2006年11月度オープニングテーマ
WOWOWドラマW真夜中のマーチ』主題歌
僕らをつなぐもの 日本テレビ系ドラマスペシャル『セレンディップの奇跡』主題歌
映画『FOR REAL -ベイスターズ、クライマックスの真実。-』主題歌
鱗(うろこ) 日本テレビ系夏ドキュ!テージセー 〜1461日の記憶〜』イメージソング
トレモロ降る夜 NHKもっともっと関西2!』オープニングテーマ
僕らをつなぐもの(Contrast Ver.) 映画クリアネス』主題歌
風景 花王アタック」20周年記念CMソング
キミ、メグル、ボク CBC・TBS系アニメ『イタズラなKiss』オープニングテーマ
大塚製薬POCARI SWEAT presents 日本テレビ系列全国25局ネット番組『ブカツの天使』九州エリア応援ソング
虹が消えた日 松竹系映画『築地魚河岸三代目』主題歌
朝日放送テレビ朝日系番組『熱闘甲子園』2008年度最終日エンディングテーマ
第三の男 サッポロビールヱビスビール」「京都・貴船の夏」「至福の贅沢プレゼント」各篇CMソング
フォーエバーソング 日本テレビ系『スッキリ!!』2008年10月度エンディングテーマ
花咲きポプラ TOEX ガーデンリフォームフェアCMソング
新しい歌 TOKYO FMクロノス』エンディングテーマ
TBS系『世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ
朝が来る前に テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2009年1月度エンディングテーマ
TOKYO FM『クロノス』エンディングテーマ
Halation 朝日放送・テレビ朝日系『全国高校野球選手権大会中継』『熱闘甲子園』『速報!甲子園への道』各2009年度テーマソング
サークルズ スペースシャワーTV20周年記念イメージソング
アイ テレビ宮崎UMKスーパーニュース』エンディングテーマ
アイ(弾き語りVersion) Panasonic LUMIX GシリーズCMソング
映画『しゃぼん玉』主題歌[28]
透明だった世界 テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ
今日もきっと フジテレビ系『めざにゅ〜』テーマソング
テレビ宮崎UMKスーパーニュース』エンディングテーマ
トラノコ カンロ健康のど飴」TVCMソング
アルタイル フジテレビ系アニメ“ノイタミナ”『坂道のアポロン』エンディングテーマ
Dear Mr. Tomorrow テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』エンディングテーマ
テレビ宮崎UMKスーパーニュース』エンディングテーマ
月に向かって打て マイナビ2013 CMソング
初恋 マチュピチュ「発見」100年 インカ帝国福岡展」公式イメージソング
グッバイ・アイザック 読売テレビ・日本テレビ系アニメ『宇宙兄弟』エンディングテーマ
Girl ヨコハマタイヤ「BluEarth」2013年CMソング
日本テレビ木曜ドラマ恋がヘタでも生きてます』主題歌
言ノ葉 東宝系アニメーション映画『言の葉の庭』イメージソング
Rain 東宝系アニメーション映画『言の葉の庭』エンディングテーマ
ひまわりの約束 東宝系3DCGアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌
NTT西日本 フレッツ光「突然やってくる」篇 CMソング
ABCテレビ『ビーバップ!ハイヒール』エンディングテーマ(2017年10月 - 12月期)
NEXCO東日本企業CM
水彩の月 映画『あん』主題歌[29]
ROUTES NHK Eテレ人生デザイン U-29』テーマ曲[30]
デイドリーマー 大東建託「みんなの想い篇」CMソング
アイ〜Acoustic Session with KAN〜 東京西川「& Free(アンドフリー)」CMソング
Q & A 松竹系映画『天空の蜂』主題歌
恋はやさし野辺の花よ クラシエホームプロダクツいち髪」CMソング
聖なる夜の贈り物 ハウス「北海道シチュー」CMソング
Sally GLOBAL WORK CMソング
スミレ テレビ朝日系ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』主題歌[31]
野ばら クラシエホームプロダクツ「いち髪」CMソング
終わりのない空 映画『聖の青春』主題歌[32]
70億のピース テレビ朝日系『土曜プライム土曜ワイド劇場』主題歌
仰げば青空 SoftBank music project テレビCM「卒業」篇 CM ソング
Joan 花王クイックル Joan」CMソング
在る 映画『ステップ』主題歌
泣き笑いのエピソード NHK連続テレビ小説おちょやん」主題歌
Tell me, Tell me 東京海上日動 テレビCM「ハナのハテナ」シリーズ CMソング

受賞

出演

ラジオ番組

CM

脚注

注釈

  1. 初回生産限定盤の内容を収録
  2. 16thシングル『言ノ葉』の初回生産限定盤『言ノ葉+GREEN MIND 2012』として発売。
  3. 21stシングル『70億のピース/終わりのない空』の初回生産限定盤に収録。

出典

  1. Greenberg, Adam. Hata Motohiro | Biography & History - オールミュージック. 2020年10月22日閲覧。
  2. 総力特集 Vol.9『秦 基博』 | 秦 基博 履歴書”. エキサイトミュージック. エキサイト. 2020年10月22日閲覧。
  3. 中津海麻子 (2017年4月25日). 迷い悩んだ経験が、始まりだった 秦 基博(前編). (インタビュー). 朝日新聞社. 朝日新聞デジタル&w.. https://www.asahi.com/and_w/20170425/26541/ 2020年10月22日閲覧。
  4. Profile”. 秦 基博 Official Web Site. 2020年10月22日閲覧。
  5. 総力特集 Vol.9『秦 基博』”. エキサイトミュージック. エキサイト. 2020年10月22日閲覧。
  6. “秦 基博、全国ツアー終了とともに追加公演発表”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2007年12月12日). https://www.barks.jp/news/?id=1000036340 2020年10月22日閲覧。
  7. “秦 基博 凱旋公演決定!!”. Livedoor ニュース (LINE). (2007年12月12日). https://news.livedoor.com/article/detail/3426378/ 2020年10月22日閲覧。
  8. “<MVA08>、BUMP OF CHICKENが史上初の3冠”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2008年3月16日). https://www.barks.jp/news/?id=1000038613 2020年10月22日閲覧。
  9. “秦 基博の毎年恒例<GREEN MIND>、2011年は故郷宮崎のみで開催”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2010年11月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000065550 2020年10月22日閲覧。
  10. “秦基博、新作「一耳惚れ」は初の自選アルバム”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月9日). https://natalie.mu/music/news/96867 2020年10月22日閲覧。
  11. “秦 基博、「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌担当”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年4月18日). https://okmusic.jp/news/37402 2020年10月22日閲覧。
  12. 第56回輝く!日本レコード大賞(2014年)”. TBSテレビ. 2020年10月22日閲覧。
  13. “『第56回 輝く!日本レコード大賞』にて三代目JSBが大賞を受賞”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2014年12月31日). https://tower.jp/article/feature_item/2014/12/25/0701 2020年10月22日閲覧。
  14. “『第56回 輝く!日本レコード大賞』にて三代目JSBが大賞を受賞”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2014年12月31日). https://tower.jp/article/feature_item/2014/12/25/0701 2020年10月22日閲覧。
  15. “秦基博&レキシ、世界遺産登録目指す「あおもり縄文大使」に任命”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年7月3日). https://natalie.mu/music/news/152703 2020年10月22日閲覧。
  16. “秦基博、来年5月に横浜スタジアムでワンマンライブ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年11月2日). https://natalie.mu/music/news/207778 2020年10月22日閲覧。
  17. 【秦 基博】『HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STADIUM』2017年5月4日 at 横浜スタジアム”. ジャパンミュージックネットワーク (2017年5月20日). 2020年10月22日閲覧。
  18. “秦基博「Girl」、前田敦子主演でキュンとくるMV完成”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年4月6日). https://natalie.mu/music/news/227646 2020年10月22日閲覧。
  19. “秦基博「All Time Best ハタモトヒロ」特典映像の詳細明らかに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年3月24日). https://natalie.mu/music/news/225859 2020年10月22日閲覧。
  20. “秦 基博、原点の地から“ライブハウスで音楽を聴く喜び”を届けた無観客ライブ”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2020年8月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000188053 2020年10月22日閲覧。
  21. 秦基博さん(本校音楽部OB・シンガーソングライター)がNHK番組(SONGS)に出演”. 法政大学第二中・高等学校. 2014年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月22日閲覧。
  22. 9月 :: 法政大学”. 法政大学 (2015年9月12日). 2020年10月22日閲覧。
  23. 秦基博『新しい歌』USEN、2009年1月21日。ISBN 9784903979083。
  24. おれエリートかな…ジョイマン高木さん受験に燃え尽きて. (インタビュー). 朝日新聞社. (2017年12月22日). 朝日新聞デジタル.. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171222-00000029-asahi-soci 2020年10月22日閲覧。
  25. “恋する気持ちが綴られた14曲の「ラブレター」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2008年10月28日). https://natalie.mu/music/news/10550 2020年10月22日閲覧。
  26. “オフィスオーガスタだけでコンプリート、『月ノうた』発売”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2009年4月29日). https://www.barks.jp/news/?id=1000049043 2020年10月22日閲覧。
  27. “オフィスオーガスタコンピ第2弾は冬をテーマに17曲収録”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年10月20日). https://natalie.mu/music/news/22631 2020年10月22日閲覧。
  28. “林遣都×市原悦子「しゃぼん玉」、秦基博が歌う主題歌「アイ」流れる予告編”. 映画ナタリー. (2016年12月13日). http://natalie.mu/eiga/news/212976 2016年12月13日閲覧。
  29. 河瀬直美&樹木希林「あん」主題歌は秦基博書き下ろしの新曲!”. 映画.com (2015年3月26日). 2015年3月26日閲覧。
  30. “秦 基博、NHK Eテレ『人生デザインU-29』新テーマ曲に書き下ろし新曲提供”. Ro69. (2015年3月31日). https://rockinon.com/news/detail/121448 2015年4月2日閲覧。
  31. 秦基博、桐谷美玲ドラマにアップテンポなラブソング提供”. 音楽ナタリー (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  32. “秦基博、“西の怪童”と呼ばれた棋士の一生描く「聖の青春」に主題歌提供”. 音楽ナタリー. (2016年9月2日). http://natalie.mu/music/news/200313 2016年9月2日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.