福田仁一

福田 仁一(ふくだ じんいち、1946年3月2日[1] - )は、日本歯学博士九州歯科大学元理事長(元学長)[2][3]

福田仁一
生誕 (1946-03-02) 1946年3月2日(74歳)
福岡県
居住 日本
研究分野 外科系歯学
研究機関 九州歯科大学福岡大学
出身校 九州歯科大学
主な受賞歴 日本歯科医学会会長賞
プロジェクト:人物伝

人物・来歴

福岡県小倉市(現・北九州市)出身。福岡県立小倉西高等学校から九州歯科大学に進み、同大学院歯学研究科口腔外科学専攻)修了。1975年歯学博士。学位論文の題は 「幼若犬永久歯歯胚および周囲組織に対するBetatron電子線限局照射の影響に関する実験的研究 」[4]九州歯科大学助手、スイスバーゼル大学在外研究員、福岡大学医学部助教授を経て九州歯科大学教授。1999年附属病院長、2002年学長に就任。専門は口腔外科で、文部科学省厚生労働省の各種委員を務めるほか、九州歯科学会会長、日本口腔外科学会理事長などの要職にある[5]

脚注

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.