福田アジオ

福田 アジオ(ふくた あじお、1941年昭和16年)2月10日 - )は、日本歴史学者民俗学者国立歴史民俗博物館名誉教授、元・神奈川大学外国語学部・大学院歴史民俗資料学研究科教授。柳田國男研究者。三重県四日市市出身[1]

福田 アジオ
(ふくた あじお)
人物情報
生誕 (1941-02-10) 1941年2月10日(80歳)
大日本帝国三重県四日市市
居住 大日本帝国 日本
国籍 大日本帝国 日本
学問
時代 昭和時代後期 -
活動地域 日本
研究分野 歴史学
民俗学
柳田國男
研究機関 武蔵大学
国立歴史民俗博物館
新潟大学
柳田國男記念伊那民俗学研究所

2010年(平成22年)には、東京大学東洋文化研究所でシンポジウム「《討論》福田アジオを乗り越える―私たちは『二〇世紀民俗学』から飛躍できるのか?―」が開催された。

経歴

著書

単著

  • 『日本村落の民俗的構造』(弘文堂、1982年)
  • 『日本民俗学方法序説 柳田国男と民俗学』(弘文堂、1984年)
  • 『時間の民俗学・空間の民俗学』(木耳社、1989年)
  • 『可能性としてのムラ社会 労働と情報の民俗学』(青弓社、1990年)
  • 『柳田国男の民俗学』(吉川弘文館、1992年、新版歴史文化ライブラリー、2007年)
  • 『番と衆 日本社会の東と西』(吉川弘文館、1997年)
  • 『民俗学者柳田国男』(御茶の水書房、2000年)
  • 『近世村落と現代民俗』(吉川弘文館、2002年)
  • 『戦う村の民俗誌』(歴史民俗博物館振興会、2003年)
  • 『寺・墓・先祖の民俗学』(大河書房、2004年)
  • 『歴史探索の手法―岩船地蔵を追って』(ちくま新書、2006年)
  • 『日本の民俗学 「野」の学問の二〇〇年』(吉川弘文館 2009年)
  • 『日本民俗学の開拓者たち』(山川出版社 日本史リブレット 2009年)
  • 『名所図会を手にして東海道』(御茶の水書房 神奈川大学評論ブックレット 2011年)
  • 『現代日本の民俗学 ポスト柳田の五〇年』(吉川弘文館、2013年)
  • 『民俗学のこれまでとこれから』(岩田書院、2014年)
  • 『歴史と日本民俗学 課題と方法』(吉川弘文館、2016年)
  • 『民俗学入門』(柳田國男記念伊那民俗学研究所、2016年)
  • 『柳田国男入門』(柳田國男記念伊那民俗学研究所、2017年)
  • 『民俗学に学んで六〇年 純粋培養民俗学徒の悪戦苦闘』(大河書房、2018年)

編著

  • 野口武徳)『約束』(弘文堂、1977年)
  • 宮田登)『日本民俗学概論』(吉川弘文館、1983年)
  • 『日本民俗大辞典』上・下(吉川弘文館、1999年・2000年)
  • 『柳田国男の世界―北小浦民俗誌を読む』(吉川弘文館、2001年)
  • 『日本の民俗学者―人と学問』(御茶の水書房、2002年)
  • 『北小浦の民俗―柳田国男の世界を歩く』(吉川弘文館、2002年)
  • 『精選 日本民俗辞典』(新谷尚紀湯川洋司神田より子中込睦子渡邊欣雄共編(吉川弘文館、2006年)
  • 『結衆・結社の日本史』(結社の世界史 編 山川出版社 2006年)
  • 『図説日本民俗学』(古家信平,上野和男,倉石忠彦高桑守史共編 吉川弘文館 2009年)
  • 『知っておきたい日本の年中行事事典』(菊池健策山崎祐子常光徹福原敏男共著 吉川弘文館 2012年)
  • 『図解案内日本の民俗』(内山大介,小林光一郎鈴木英恵萩谷良太吉村風共編 吉川弘文館 2012年)
  • 『「二〇世紀民俗学」を乗り越える 私たちは福田アジオとの討論から何を学ぶか?』(菅豊塚原伸治共著 岩田書院 2012年)
  • 『知って役立つ民俗学 現代社会への40の扉』(責任編集、ミネルヴァ書房、2015年)
  • 『はじめて学ぶ民俗学』(市川秀之中野紀和篠原徹常光徹共編、ミネルヴァ書房、2015年)

脚注

  1. 706夜『番と衆』福田アジオ”. 松岡正剛の千夜千冊 (2003年2月4日). 2020年10月19日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.