福森雅史

福森 雅史(ふくもり まさふみ、1974年 - )は、日本言語学者博士言語文化学)。岡山県出身。

人物

最終学歴は大阪外国語大学大学院(博士後期過程)言語社会研究科言語社会(スペイン語)専攻修了[1]

京都外国語大学大学院教授上野義和(異言語教育博士)に師事。博士論文認知意味論的アプローチによる対照言語学(博士論文タイトルは『異言語間における動作主導入前置詞の概念研究 ―スペイン語・ポルトガル語・英語を通して―』(大阪大學言語社會學會博士論文シリーズ Vol. 42)(大阪大学言語社会学会、2007))。

現在は立命館大学近畿大学京都外国語専門学校などで非常勤講師。以前は太成学院大学でも非常勤講師を勤めたこともある。スペイン語ポルトガル語を中心としたヨーロッパ言語と英語/日本語との対照言語学の研究を進め、共時的観点から語彙/文法の意味的法則を眺める認知言語学と、通時的観点から語彙/文法の意味的法則を眺める歴史言語学、2つの観点を融合させた「メタ・プロセス」理論を他の研究者らと開発。同理論を用いた数多くの研究成果とその功績が評価され、2007年民間教育連盟より「異言語研究最優秀賞」を受賞。

ロマンス語に関係して、ルーマニアの学術雑誌に論文を投稿したり、同国で招待講演をしたりするなど、世界各国での活動も盛んに行っている。また、2015年に設立された ARJEŞ:Asociaţia Româno-Japoneză de Educaţie şi Ştiinţă([日本語]ルーマニア-日本教育科学協会/[英語] Romania-Japan Association for Education and Science)の創設メンバーとなり、共同副理事に就任する。さらに、こうした業績が評価され、様々な賞を受賞している(以下の受賞がその実例)。

専門は対照言語学スペイン語学ポルトガル語学認知言語学言語文化学で、近年の学術論文・著書では、日本国の高等教育における異言語教育の抜本的改革を図り、そのあり方に深くメスを入れている(その実例が以下の著書『FD改革下における語学教員への7人の新提案 ―認知言語学・教育学・社会学・心理学・言語文化学の学際的観点から―』)。現象学言語哲学文化人類学脳科学など多くの隣接科学にも見識が深い(以下の学術論文がその実例)。

著書

単著

  • 『異言語間における動作主導入前置詞の概念研究 ―スペイン語・ポルトガル語・英語を通して―』(大阪大學言語社會學會博士論文シリーズ Vol. 42)(大阪大学言語社会学会、2007)
  • 『キクタン ブラジル・ポルトガル語【入門編】』(アルク、2013)

共著(国内)

  • 『英語教師のための効果的語彙指導法 ―認知言語学的アプローチ―』(英宝社、2006)
  • 『FD改革下における語学教員への7人の新提案 ―認知言語学・教育学・社会学・心理学・言語文化学の学際的観点から―』(星雲社、2009)
  • 『英語前置詞の概念 ―認知言語学・教育学・社会学・心理学・言語文化学の学際的観点から―』(ブイツーソリューション、2010)

共著(海外)

  • Omul şi Societatea(Anul Ⅲ, Nr. 3)(英語訳:Man and Society, the second year of the International Scientific Project, No. 3)(Argedava欧州学術文化協会、2011)(‘El Enfoque Cognitivo a la Enseñanza Trilingüe – A travez de la Actividad de “Projyección” – ’(pp. 117-126、単著)担当)
  • Omul şi Societatea(Anul Ⅲ, Nr. 4)(英語訳:Man and Society, the third year of the International Scientific Project, No. 4)(Argedava欧州学術文化協会、2012)(‘Una Propuesta sobre Aprendizaje de la Letra japonesa – Para los Hablantes Nativos de la Lengua Románica –’(pp. 181-188、単著)担当)
  • 『太陽/Soarele(vol. 1)』(Argedava欧州学術文化協会、2012)(「日本人から見たルーマニア人の心 ― 三日間に渡る学術プロジェクトを振り返って ― 」(pp. 1-32、共著)担当)
  • 『太陽/Soarele(vol. 2)』(Argedava欧州学術文化協会、2012)(「富士山と日本のアイデンティティ」(pp. 1-21、共著)、「日本の歴史と言語文化(その1)-旧石器時代から弥生時代にかけて-」(pp. 56-72、共著)担当)
  • Omul şi Societatea(Anul Ⅲ, Nr. 5)(英語訳:Man and Society, the third year of the International Scientific Project, No. 5)(Argedava欧州学術文化協会、2013)(‘Una Propuesta sobre Aprendizaje de la Letra japonesa (No 2) – Para los Hablantes Nativos de la Lengua Románica –’(pp. 104-111、単著)担当)
  • Omul şi Societatea(Anul Ⅳ, Nr. 6)(英語訳:Man and Society, the fourth year of the International Scientific Project, No. 6)(Argedava欧州学術文化協会、2014)(‘An Innovation of the Effective English-Teaching for Remedial Classes at Japanese Higher Education – Through the Film Production –’(pp. 19-25、単著)担当)
  • 『太陽/Soarele(vol. 3)』(Argedava欧州学術文化協会、2014)(「日本の歴史と言語文化(その2)-古墳時代から飛鳥時代にかけて-」(pp. 131-168、共著)担当)

学術論文

翻訳

  • 「龍の年における報恩の念」(原題:Restituiri în Anul Dragonului)(著者:George TELEOACĂ)(『太陽/Soarele(vol. 2)』pp. 22-39、共同翻訳、Argedava欧州学術文化協会共著、2012)
  • 「ゲト・ダキアの文明」(原題:Civilizaţia Geto-Dacă)(著者:Viorica BREBEANU)(『太陽/Soarele(vol. 2)』pp. 40-55、共同翻訳、Argedava欧州学術文化協会、2012)
  • 「カルパト・デュナレアノ・ポンティック地域におけるダキアの世界」(原題:Lumea Daciă în Spaţiul Carpato-Dunăreano-Pontic)(著者:Cătălina MĂRCULEŢ, Ioan MĂRCULEŢ)(『太陽/Soarele(vol. 3)』pp. 105-111、共同翻訳、Argedava欧州学術文化協会、2014)
  • 「死後の世界 ― 神話 ― 」(原題:Postexistenţa – Mituri – )(著者:Corina OPRESCU, Zinca GOLESCU)(『太陽/Soarele(vol. 3)』pp. 112-130、共同翻訳、Argedava欧州学術文化協会、2014)

テキスト

  • 『Let’s Vocabucize 1000! ― イメージと映画で学ぶ英単語総合演習帳 ― 』(共著:松柏社、2012)

社会貢献

  • 欧州国際会議ラウンド・テーブルへの選出(欧州国際会議のScientific Councilor(同国Arges県知事やPiteşti市長,同国国立大学も含めた欧州の大学教授で構成)に選出。同会議で講演者も務めた。2012)
  • ルーマニア国営ラジオ局Romania Internationalにおける欧州プログラムへの出演(欧州国際会議における福森の講演および欧州最優等学術賞Summa cum Laude受賞についての特集。2012)

受賞

  • 2006年度異言語研究最優秀賞受賞(授与者:民間教育連盟、2007)
  • 日羅国際交流賞 Medalio Plachete 受賞(授与者:ルーマニア国 アルジェシュ県議連、2011)
  • 最優等学術賞 Summa cum Laude 受賞(授与者:ルーマニア国 アルジェシュ県議連; Argedava欧州学術文化協会、2012)
  • Hrisov “In Honoris”受賞(授与者:Argedava欧州学術文化協会,ルーマニア国Argeş県立図書館 “Dinicu Golescu”,Casa Artelor Poligrafice Editoriale Rotarexim、2013)
  • ARGEDAVA Excellency Trophy受賞(於: 国際科学プロジェクト「人間と社会」)(授与者:Argedava欧州学術文化協会,ユネスコ,Casa Artelor Poligrafice Editoriale Rotarexim、2013)
  • 異文化教育賞 “Columna Românismului”(授与者:ARJES(ルーマニア日本教育科学協会),Tricolor Vexillology Association(三色旗章学協会),CAPER(ロタレクシム芸術出版社、2015)
  • “Omul & Universul” 賞(“Man and Universe” 賞)(授与者:ARJES(ルーマニア日本教育科学協会),Tricolor Vexillology Association(三色旗章学協会),CAPER(ロタレクシム芸術出版社、ACSA(年代学・科学・天文学協会)、2015)

脚注

  1. 「英語前置詞の概念 ―認知言語学・教育学・社会学・心理学・言語文化学の学際的観点から―」プロフィールに記載。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.