福州 (福建省)

福州(ふくしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から初にかけて、現在の福建省福州市一帯に設置された。

概要

623年武徳6年)、唐により建安郡泉州と改められた。711年景雲2年)、泉州は閩州と改称された。725年開元13年)、閩州は福州と改められた。742年天宝元年)、福州は長楽郡と改称された。758年乾元元年)、長楽郡は福州の称にもどされた。福州は江南東道に属し、侯官長楽福唐古田長渓永泰梅清連江の9県を管轄した[1]。唐末に福州に威武軍が置かれ、王審知が威武軍節度使となった。

唐が滅び、王審知が王となると、福州は大都督府に昇格した。932年長興3年)、福州は長楽府と改められた[2]

のとき、福州は福建路に属し、閩・侯官・懐安・長楽・福清・古田・長渓・寧徳永福羅源閩清・連江の12県を管轄した[3]

1278年至元15年)、元により福州は福州路と改められた。福州路は江浙等処行中書省に属し、録事司と閩・侯官・懐安・長楽・連江・羅源・古田・閩清・永福の9県と福清州福寧州に属する寧徳・福安の2県を管轄した[4]1367年朱元璋により福州路は福州府と改称された。

のとき、福州府は福建省に属し、閩・侯官・長楽・福清・連江・羅源・古田・閩清・永福の9県を管轄した[5]

のとき、福州府は福建省に属し、閩・侯官・長楽・福清・連江・羅源・古田・屏南・閩清・永福の10県を管轄した[6]

1913年中華民国により福州府は廃止された。

脚注

  1. 旧唐書』地理志三および『新唐書』地理志五
  2. 新五代史』閩世家
  3. 宋史』地理志五
  4. 元史』地理志五
  5. 明史』地理志六
  6. 清史稿』地理志十七
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.