神南の戦い

神南の戦い(こうないのたたかい)は、南北朝時代観応の擾乱の余波で発生した合戦の一つ。正平10年/文和4年(1355年)2月、摂津国神南(大阪府高槻市神内)において、足利尊氏方の足利義詮の軍勢と、足利直冬方の山名時氏の軍勢との間で行われた合戦である。

神南の戦い
戦争南北朝の内乱
年月日正平10年/文和4年(1355年)2月
場所摂津国神南(大阪府高槻市神内
結果:北朝が京都を奪還
交戦勢力
南朝
直冬党
北朝
室町幕府
指導者・指揮官
足利直冬
楠木正儀
山名時氏
足利尊氏
足利義詮
戦力
- -
損害
- -
南北朝の内乱

概要

正平6年/観応2年(1351年観応の擾乱により北朝足利尊氏派と足利直義派に分裂し、激しい戦いを繰り返した。直義の養子足利直冬は、直義死後は中国地方に勢力を広げていたが、正平9年/文和3年(1354年山名時氏桃井直常斯波高経ら旧直義派武将、南朝方の楠木正儀と共に上京作戦を開始した。足利尊氏は京都での戦いを不利と判断し、後光厳天皇を伴って近江国武佐寺へ退去。翌正平10年/文和4年(1355年)1月に足利直冬は桃井、斯波ら北国勢を伴って入京した。足利義詮は当初播磨国で戦っていたが、山崎の西、神南の峰に布陣。これに対し直冬方の山名時氏・山名師義らが攻撃を行なったが、佐々木道誉赤松則祐らの奮戦により山名勢は敗退した。その後、直冬は東寺に拠って戦闘を継続したが、尊氏・義詮が率いる軍により敗退。3月、直冬方は京都から撤退した。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.