祖師西来意

祖師西来意(そしせいらいい)はの代表的な公案のひとつ。

『無門関』第三十七則

一人の趙州和尚に問うた。

「如何なるか是れ祖師西来意」(大意:達磨大師が遠路、インドから中国へと来られた真意は何なのでしょうか?)

趙州和尚は答えた。

「庭前の柏樹子」

『趙州録』

また僧は続けて問うた。

「和尚、境を将て人に示すこと莫かれ」(大意:私は禅とは何か尋ねているのです。心の外の物で答えないで下さい)

趙州和尚は続けて答えた。

「我れ境を将て人に示さず」(大意:私は心の外の物で答えてなどおりません)

僧は再度問うた。

「如何なるか是れ祖師西来意」

趙州和尚は、再度答えた。

「庭前の柏樹子」

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.