社会言語学

概要

例えば、話者の生活する地域階級性別、など様々な社会学的要因との相関で言語現象を見ようとするミクロアプローチと共に、[5]一言語を単位として、それを社会組織との関連で考える(言語接触・言語変化言語政策マクロアプローチもある。

地域に関しては、特に方言学という名前のもとに研究がされてきた。[6][7][8]

現在、社会言語学の名のもとでおこなわれている研究の内容はきわめて多様であり、政治学歴史学に接近するアプローチも目立つ。

脚注

  1. Hudson, R. A. (1996). Sociolinguistics. Cambridge University Press.
  2. Spolsky, B. (1998). Sociolinguistics. Oxford University Press.
  3. Holmes, J. (2013). An introduction to sociolinguistics. Routledge.
  4. 真田信治 (2006). 社会言語学の展望. くろしお出版.
  5. 真田信治 (1990). 地域言語の社会言語学的研究. 大阪大学博士論文. http://hdl.handle.net/11094/37555
  6. Chambers, J. K., & Trudgill, P. (1998). Dialectology. Cambridge University Press.
  7. 金田一, 春彦『日本語方言の研究』東京堂出版、1977年8月。全国書誌番号:77028565ISBN 978-4490202458。NCID BN00486327OCLC 34896884ASIN 4490202458
  8. 小林英夫「方言学、その理論と実際」『民族』第3巻第3号、1928年。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.