示指伸筋

示指伸筋(じししんきん・しししんきん、extensor indicis muscle)は人間上肢筋肉で示指の伸展、手関節の背屈を行う。

示指伸筋
Transverse section across distal ends of radius and ulna.
(図中のExt. indicis. prop.)
Posterior surface of the forearm. Deep muscles.
ラテン語 Musculus extensor indicis
英語 Extensor indicis muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
尺骨後下部、前腕骨間膜
第2指指背腱膜
後骨間動脈
作用 人差し指及び手首の伸展
骨格筋 > 体肢筋 > 上肢の筋 > 前腕筋 > 伸筋群 > 示指伸筋

尺骨後下部、前腕骨間膜から起こり、第2指指背腱膜で停止する。

参考文献

この記事にはパブリックドメインであるグレイの解剖学第20版(1918年)456ページ本文が含まれています。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.