石飛道子

石飛 道子(いしとび みちこ、1951年 - )は、日本仏教学者北星学園大学非常勤講師。[1]札幌大谷大学特任教授。専門はインド哲学龍樹思想。

北海道生まれ。北海道大学大学院文学研究科東洋哲学専攻博士課程単位取得退学。

著書

  • 『ブッダ論理学 五つの難問』(講談社選書メチエ、2005.7)
  • 龍樹造「方便心論」の研究』(山喜房佛書林、2006.1)
  • 『ブッダと龍樹の論理学 縁起と中道』(サンガ、2007.10)
  • 『龍樹と、語れ! 『方便心論』の言語戦略』(大法輪閣、2009.6)
  • 『ブッダの優しい論理学 縁起で学ぶ上手なコミュニケーション法』(サンガ新書、2009.4)
  • 『龍樹 あるように見えても「空」という』(佼成出版社、2010.9)
  • 『空の発見』(サンガ、2014.11)
  • 『スッタニパータ』と大乗への道(サンガ、2016.4)

 

共著

  • 『ビックリ!インド人の頭の中 超論理思考を読む』(宮元啓一との共著、講談社、2003.5)

共訳

  • 『インド新論理学派の知識論 『マニカナ』の和訳と註解』(宮元啓一との共訳、山喜房佛書林、1998.11)

論文

脚注

  1. 石飛道子『ブッダの優しい論理学』サンガ、2009年4月、p.224

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.