石重乂

石 重乂(せき じゅうがい、? - 937年)は、後晋の高祖石敬瑭の第3子。字は弘理。

生涯

儒学を好み、兵法に通じていた。

天福2年(937年6月)、洛陽の留守に就いていた時、范延光の叛乱に同調した張従賓に攻められ殺された。死後、太傅を贈られ、天福7年(942年)には太尉、寿王に封ぜられ、天福8年(943年)にはさらに太師を贈られた。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.