石松量蔵

生涯

1888年に福岡県鐘崎(現宗像市)に生まれる。生まれつき盲目であったために義太夫を学んで芸道をするようになったが、独学で盲唖学校教師になった。

佐賀ルーテル教会でキリスト教に入信して、献身する。九州学院神学部神学を学ぶ。九州学院で最初に受け入れた全盲が学生だった。戦後、日本福音ルーテル教会牧師として熊本横浜市広島市、東京都羽村市教会で働いた。

  • 『道ひとすじ―昭和を生きた盲人たち―』で、昭和時代に活躍した著名な盲人100人の一人に挙げられている。
  • 自伝『盲目の恩寵―盲人牧師の記録―』は、大空社の「盲人たちの自叙伝」第1期20冊の1冊として復刻された。

年譜

関連項目

参考文献

  • 『クリスチャン情報ブック2006』
  • 『道ひとすじ―昭和を生きた盲人たち―』あずさ書店、1993年10月、ISBN 4900354341
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.