石原正明

石原 正明(いしはら まさあき、宝暦10年(1760年) - 文政4年1月7日1821年2月9日))は、日本国学者歌人

人物

宝暦10年(1760年)、尾張国神守宿(現津島市神守町)の豪農石原文右衛門の次男(第5子)として生を受ける[1]。幼少期より漢学を学び、有職故実に精通する[1]。33歳のときに本居宣長に入門する[2]。また、塙保己一の元で群書類従の編纂に関わる[2]。保己一に認められ、和学講談所の塾頭となった[2]

文政4年(1821年)1月、名古屋において病死[2]

著作

  • 年々随筆[2]
  • 律逸[2]
  • 尾張廼家苞[2]
  • 百人一首新抄[2]
  • 冠位通考[2]
  • 制度通考[2]

脚注

参考文献

  • 黒田剛司、浅井厚視『尾張津島見聞録―津島はこんなに面白い―』津島商工会議所、2011年8月16日(日本語)。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.