石の百年館

石の百年館
Inada Stone Museum
施設情報
専門分野 石材
管理運営 笠間市
建物設計 JR東日本建築設計
延床面積 143m²[1]
開館 2014年3月30日
所在地 309-1635
茨城県笠間市稲田2307番地
最寄駅 東日本旅客鉄道水戸線稲田駅
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM

石の百年館茨城県笠間市に存在する博物館である。

概要

笠間市の名産である石材の一種「稲田石」に関する博物館で、2014年3月30日に開館した。館内には世界中の花崗岩に関する展示の他、稲田石の特徴や歴史についての展示がなされている。[2]

稲田石

当館において扱う稲田石は「白い貴婦人」とも称される花崗岩を主体とした石材であり、約6000万年前に固結した比較的新しいものである。[3][4]稲田石は様々な場所で使用されており、東京駅国会議事堂などでも使用されている。[4][2]

脚注

  1. 石の百年館 - 作品紹介”. JR東日本建築設計. 2020年3月3日閲覧。
  2. 稲田石ってすごい!笠間市・石の百年館”. 一般社団法人 茨城県観光物産協会 (2014年5月17日). 2020年3月3日閲覧。
  3. 稲田石の特徴”. 稲田石材商工業組合. 2020年3月3日閲覧。
  4. 稲田石について”. 笠間市 (2015年9月8日). 2020年3月3日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.