真恵

真恵(しんえ/しんね)は、南北朝時代明法家法学者)。俗姓は中原氏。兄の是円と共に『建武式目』の制定に関わった。

 
凡例
真恵
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代初期
生誕 弘安2年(1279年)?
死没 正平2年/貞和3年5月16日1347年6月25日)?
官位 雑訴決断所奉行(法体のまま)
主君 後醍醐天皇足利尊氏
氏族 明法道中原氏章直流
父母 中原章継
兄弟 章任是円真恵
特記
事項
生没年は弘安5年(1282年)生・興国7年/貞和2年(1346年)没とする説も有り

略歴

父の中原章継[1]は、中原氏のうち明法道を家学とする系統で、章直流に属す[2]。長兄の中原章任[1]は、法学書『金玉掌中抄』を著した法学者[3]

後醍醐天皇建武の新政(1333–1336年)を開始すると、建武 (日本)元年(1334年)8月に雑訴決断所が8番制に再編された際、その5番に務めた[1]。次兄の是円も2番に属している[1]延元元年/建武3年11月7日1336年12月10日)、兄の是円と共に室町幕府の基本法『建武式目』を足利尊氏勘申した[1][4]

正平2年/貞和3年5月16日1347年6月25日)に数え69歳で没[1][5]。一方、興国7年/貞和2年(1346年)に数え65歳で没という説もある[6]

なお、かつては二階堂氏出身とする説があったが、後に誤りであると判明している[6]

脚注

  1. 朝日日本歴史人物事典. 真恵 (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  2. 吉岡 1997.
  3. 利光三津夫 「金玉掌中抄」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997年。
  4. 『大日本史料』6編3冊859–866頁.
  5. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 真恵 (日本語). コトバンク. 2020年7月9日閲覧。
  6. 今江 2007.

参考文献

  • 今江広道 「是円」 『改訂新版世界大百科事典 平凡社、2007年。
  • 吉岡真之 「中原氏」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1997年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.