相州

相州(そうしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から金代にかけて、現在の河南省安陽市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代

401年天興4年)、北魏により相州が置かれた。

534年天平元年)、東魏に遷都すると、相州は司州と改称された[1]

577年建徳6年)、北周北斉の都の鄴を奪取すると、司州は相州と改称された。

隋代

初には、相州は3郡9県を管轄した。607年大業3年)、郡制施行に伴い、相州は魏郡と改称され、下部に11県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分開皇元年区分大業3年
相州魏郡
魏郡成安郡林慮郡安陽県 成安県 臨漳県
洹水県 臨淇県 鄴県
滏陽県 臨水県 林慮県
霊泉県 堯城県
鄴県 成安県 臨漳県
洹水県 臨淇県
滏陽県 臨水県林慮県 霊泉県

唐代

618年武徳元年)、により魏郡は相州と改められた。742年天宝元年)、相州は鄴郡と改称された。758年乾元元年)、鄴郡は相州と改称された。相州は河北道に属し、安陽・鄴・湯陰・林慮・堯城・洹水・臨漳・成安・内黄臨河の10県を管轄した[3]

宋代

北宋のとき、相州は河北西路に属し、安陽・湯陰・臨漳・林慮の4県を管轄した[4]

1128年建炎2年)、南宋から相州を奪った[5]1129年天会7年)、相州に彰徳軍節度が置かれた。1192年明昌3年)、相州は彰徳府に昇格した[6]

脚注

  1. 魏書』地形志二上
  2. 隋書』地理志中
  3. 旧唐書』地理志二
  4. 宋史』地理志二
  5. 『宋史』高宗紀二
  6. 金史』地理志中
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.