相川駅

相川駅(あいかわえき)は、大阪府大阪市東淀川区相川一丁目にある、阪急電鉄京都本線である。駅番号はHK-65

相川駅
東口(2006年5月)
あいかわ
Aikawa
HK-64 上新庄 (0.9 km)
(2.2 km) 正雀 HK-66
所在地 大阪市東淀川区相川一丁目7番24号[1]
駅番号 HK-65
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 京都本線
キロ程 7.2 km(十三起点)
大阪梅田から9.6 km
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
(特定日)17,656人/日
-2018年-
乗降人員
-統計年次-
(通年平均)16,080人/日
-2017年-
開業年月日 1928年昭和3年)1月16日
* 改称経歴
- 1940年(昭和15年) 吹田町駅→京阪吹田駅
- 1943年(昭和18年) 京阪吹田駅→吹田東口駅
- 1954年(昭和29年) 吹田東口駅→相川駅
西口(2019年4月)
ホーム

歴史

開業時の駅名は吹田町駅であったが、千里線(1967年までは千里山線)の吹田駅との兼ね合いなどから幾度か駅名が変更されてきた。相川駅の名は駅近くを流れる安威川に由来する[1]

  • 1928年昭和3年)1月16日新京阪鉄道淡路駅 - 高槻町駅(現在の高槻市駅)間開通と同時に吹田町駅(すいたまちえき)として開業する[2][3]。開業時に待避線を備えていたが、1933年までに撤去された。
  • 1930年(昭和5年)9月15日京阪電気鉄道への合併に伴い、京阪電気鉄道新京阪線の駅となる[2]。同時に京阪吹田駅(けいはんすいたえき)に改称する[2]
  • 1943年(昭和18年)10月1日:京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)への合併に伴い、吹田東口駅(すいたひがしぐちえき)に改称するとともに、千里山線(現在の阪急千里線)の東吹田駅を吹田駅に改称する[2]
  • 1949年(昭和24年)12月1日:新京阪線が京都本線に改称され、当駅もその所属となる[2]
  • 1954年(昭和29年)5月1日相川駅に改称する[2]
  • 1969年(昭和44年):待避設備が復活する。

駅構造

盛土上に、島式ホーム2面4線を有する高架駅で、待避設備を備えている。

ホームは、改札階の階上となっている。改札口は京都河原町寄りの東西双方向きに設けられている。かつては周辺の高校生徒専用の出入口が京都側にあった(現在は閉鎖)。

のりば

号線路線方向行先
1・2 京都本線 上り 高槻市茨木市京都河原町嵐山方面
3・4 下り 淡路大阪梅田天下茶屋方面

内側2線(2号線と3号線)が主本線、外側2線(1号線と4号線)が待避線である。

朝・夕・夜には、当駅を始発とする下り列車(主に天下茶屋行き)が設定されている。

利用状況

2018年(平成30年)度のある特定日における1日乗降人員17,656人である。

近年の1日の利用状況推移は下記の通り。

年度 特定日 1日平均
乗車人員[4]
出典
乗降人員 乗車人員
1990年 26,150 13,555 18,219 [5]
1991年 - 17,542
1992年 24,066 12,465 15,931 [6]
1993年 - 15,161
1994年 - 14,991
1995年 23,219 11,564 14,868 [7]
1996年 25,713 12,815 14,144 [8]
1997年 27,404 13,522 14,245 [9]
1998年 21,848 10,836 14,302 [10]
1999年 - 13,672
2000年 23,940 12,030 13,657 [11]
2001年 22,843 11,412 12,162 [12]
2002年 21,635 10,664 11,454 [13]
2003年 18,686 9,109 11,303 [14]
2004年 19,228 9,068 11,081 [15]
2005年 20,891 10,248 10,080 [16]
2006年 19,498 9,506 11,095 [17]
2007年 17,569 8,635 10,670 [18]
2008年 18,053 8,687 9,773 [19]
2009年 16,746 8,242 9,305 [20]
2010年 16,703 8,121 8,911 [21]
2011年 16,495 7,991 9,068 [22]
2012年 17,135 8,336 8,849 [23]
2013年 17,155 8,310 9,400 [24]
2014年 17,830 8,656 9,496 [25]
2015年 19,011 9,164 10,077 [26]
2016年 19,675 9,597 10,315 [27]
2017年 20,820 9,383 10,900 [28]
2018年 17,656 8,341 10,585 [29]

駅周辺

東西ともに、駅から放射状に道路が延びている。 列車は当駅を挟み、すぐ北で安威川、南で神崎川を続けて渡る。また、安威川は当駅の南西で神崎川に合流する。

駅西側

駅の西側は大阪府道151号相川停車場線であり、阪急吹田駅方向に伸びている。この道路は、駅を出てすぐに、安威川を跨いでいる(新京阪橋)。

新京阪橋
  • 相川診療所
  • 吹田南高浜郵便局

駅東側

駅北側

路線バス

阪急バス阪急相川バス停が駅西口の西陣染色大阪工場前の路上に、大阪シティバス(旧・大阪市営バス)の相川駅前バス停が東口付近にそれぞれ設置されている。

阪急バス(阪急相川)

大阪シティバス(相川駅前)

  • 27号系統 井高野車庫前 行き
    2013年3月31日までは赤バス地下鉄井高野 - 区役所も運行されていたが廃止され、27号系統が増発された。

その他

歌手の相川七瀬の芸名は当駅名に由来すると紹介されることがある[2]が、相川本人はこれを否定している[31]

隣の駅

括弧内の英数字は駅ナンバリングである。

阪急電鉄
京都本線
快速特急A・快速特急・特急・通勤特急・快速急行・快速・準急
通過
普通
上新庄駅 (HK-64) - 相川駅 (HK-65) - (東吹田信号所) - 正雀駅 (HK-66)
※当駅 - 正雀駅間は大阪府吹田市域を走行するが、駅は設けられていない(正雀駅の所在地は大阪府摂津市となる)。

脚注

  1. 『阪急ステーション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、92頁。ISBN 4-89485-051-6。
  2. 生田誠『阪急京都線・千里線 街と駅の1世紀』彩流社〈懐かしい沿線写真で訪ねる〉、2013年、4-6・16-17頁。ISBN 978-4-7791-1726-8。
  3. 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』9 関西2、新潮社、2009年、50頁。ISBN 978-4-10-790027-2。
  4. 大阪市統計書より
  5. 大阪府統計年鑑(平成3年) (PDF)
  6. 大阪府統計年鑑(平成5年) (PDF)
  7. 大阪府統計年鑑(平成8年) (PDF)
  8. 大阪府統計年鑑(平成9年) (PDF)
  9. 大阪府統計年鑑(平成10年) (PDF)
  10. 大阪府統計年鑑(平成11年) (PDF)
  11. 大阪府統計年鑑(平成13年) (PDF)
  12. 大阪府統計年鑑(平成14年) (PDF)
  13. 大阪府統計年鑑(平成15年) (PDF)
  14. 大阪府統計年鑑(平成16年) (PDF)
  15. 大阪府統計年鑑(平成17年) (PDF)
  16. 大阪府統計年鑑(平成18年) (PDF)
  17. 大阪府統計年鑑(平成19年) (PDF)
  18. 大阪府統計年鑑(平成20年) (PDF)
  19. 大阪府統計年鑑(平成21年) (PDF)
  20. 大阪府統計年鑑(平成22年) (PDF)
  21. 大阪府統計年鑑(平成23年) (PDF)
  22. 大阪府統計年鑑(平成24年) (PDF)
  23. 大阪府統計年鑑(平成25年) (PDF)
  24. 大阪府統計年鑑(平成26年) (PDF)
  25. 大阪府統計年鑑(平成27年) (PDF)
  26. 大阪府統計年鑑(平成28年) (PDF)
  27. 大阪府統計年鑑(平成29年) (PDF)
  28. 大阪府統計年鑑(平成30年) (PDF)
  29. 大阪府統計年鑑(令和元年) (PDF)
  30. 吹田線ダイヤ変更について (PDF) - 阪急バス(2013年8月15日付)
  31. “相川七瀬 「阪急・相川駅」由来説否定”. DAILY SPORTS ONLINE. (2015年12月5日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/12/05/0008623354.shtml 2016年3月29日閲覧。

関連項目

外部リンク

  • 相川駅(停車駅のご案内) - 阪急電鉄
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.