直通運転

鉄道における直通運転(ちょくつううんてん)とは、複数の路線・区間や鉄道事業者にまたがって旅客列車運転することである。列車の乗り入れと表現されることもある。英語ではtrackage rightsまたはthrough trainと表現する(en:Through trainを参照)。

JR東日本の路線へ直通運転する東武鉄道「100系特急電車スペーシア」(右)。直通運転によってJR東日本253系電車成田エクスプレス」(左)を始めとした列車と並ぶ光景が見られるようになった。 なお、現在は、写真左の、JR東日本253系電車も東武鉄道へ直通運転している。但し、写真は、JR東日本253系電車の東武鉄道への直通運転開始以前のもの。
詳細は、JR東日本253系電車を参照
阪神電気鉄道尼崎駅での3社の鉄道車両が並ぶ光景。左から山陽5000系近鉄9020系阪神8000系が並んでいる。

概要

日本では、大都市の地下鉄が郊外への私鉄路線と直通運転するものや、JR国鉄から経営分離された第三セクターがJRと直通運転するものなどが代表的である。その形態は一様でなく、事実上一体的に運行されているが運営事業者が異なるために直通運転と表現されるもの[注 1]から、特急などの限られた列車のみが乗り入れているものまでさまざまである。

ヨーロッパやアジアにおいては複数の国にまたがって国際列車が運行されている。一方で、日本で見られるような地下鉄と郊外鉄道との直通運転は行われていない都市も多く、あるいは地下鉄と郊外鉄道が一体的に運営されている例もある。

貨物列車に対して使われることもあるが、貨物列車は通常複数の路線にまたがって広域的に運行されることから、旅客列車の場合と比較すると一般的な用法ではない。なお、1960年代までの車扱貨物による鉄道貨物輸送が主流の時代、私鉄が所有する貨車が国鉄の貨物列車に連結されて、国鉄線上を運行したケースも多く、「直通貨車」と呼ばれた[1]。→貨車#所有者別の分類を参照

また、同一路線内であっても通常乗り換えが必要な区間を通して運転することを指して使われる例もある。

日本においては、ほとんどの鉄道事業者が施設・車両の保有と列車の運行の両方を担っていることから、事業者間の直通運転で用いられる車両を保有する事業者の違いを区別して表現することがあり、相互の事業者の車両を用いるものを相互乗り入れ(相互直通運転および双方向直通運転)、片方の事業者の車両が一方的に他方の事業者の路線へ乗り入れて運行するもの、自社の路線の車両は乗り入れないが、他社の車両が自社の路線に乗り入れることを片乗り入れ(片方向直通運転および一方向直通運転)という。

効果

例として2013年3月16日に開始された東急東横線東京メトロ副都心線の直通運転を挙げる。この直通運転では、従前より行われていた直通運転とあわせ、横浜高速鉄道みなとみらい線東武東上線西武有楽町線西武池袋線の各線が結ばれた。東武東上線沿線の川越市を訪れた観光客は630万人を超え、これは川越を舞台にしたNHK連続テレビ小説つばさ」が放送された2009年を上回る過去最高のものである。川越市の観光課によると、2013年4月から12月は神奈川県からの観光客が全体の約13%を占め、前年比で約6ポイント増えたという。一方で横浜市への観光客も増加し、横浜高速鉄道によると、2013年4月から2014年2月までのみなとみらい線内の6駅の利用者数は前年比で約9.4%増加の約6370万人となり、沿線に大型商業施設を抱えるみなとみらい駅は約20%、元町・中華街駅は約7.6%増加した。みなとみらい線沿線のホテル宿泊者や横浜駅周辺の百貨店利用者も増加した。これに加え、沿線の私立学校の受験者の増加や、比較的割安だった東上線沿線の不動産価格の上昇も伴い、埼玉西部や神奈川で沿線の商業面にプラスの効果を生み出した[2]

利点と問題点

利点

  • 乗り換えの減少による利便性の向上。
  • 乗り換えの減少による所要時間の減少。
  • 乗り換えの減少による元々乗換駅だった駅での混雑緩和。
  • 鉄道網の利便性向上による郊外の発展性向上。

問題点

  • 列車に遅延が生じると影響のない直通先の路線にも影響(ダイヤの乱れ等)を及ぼしやすい。また運行区間が長くなり、影響の終息まで時間が掛かってしまう。
  • 運転系統の複雑化が生じ、初めて利用する乗客がわかりにくい。
  • 乗り入れ対応車両と非対応車両が混在する場合の運用の複雑化、制限。
  • 連絡待ちの増加。
  • ダイヤ乱れが生じた場合、直通先の車両が自社線内に戻れなくなる。
  • 万一乗り入れて来た車両が自社線内で故障した時、対応に時間がかかる[注 2]
  • 自社車両と相手車両を区別する必要が生じる[注 3]
  • 拾得物の保管場所をどこにするのかと言う点。

直通運転の要件

直通運転にあたっては、単に線路を接続させるだけでなく、地上設備や車両などの規格の統一や、運転業務・営業の取り扱いにおける事業者間の取り決めが必要となる。

地上設備

直通運転にあたっては、実施する両路線の軌間電化方式などの規格を揃えるのが通常である。しかし、現に営業している路線においてこれらを変更するには多大なコストがかかるため、車両の側で複数の方式に対応できるようにすることで、地上設備の大規模な改修を避ける例も多く見られる。

直通運転を実施する路線の軌間が異なる場合は、軌間をどちらか一方に合わせて改軌する(京成電鉄など)か、両方の車両が走行できるように三線軌化(箱根登山線など)が行われる。車両側で対応する例としては、スペインフランス国境のタルゴのように軌間可変車両を導入したり、中国ロシアモンゴルの国境のように台車の交換により直通を実施するものがある。この場合、接続部にはそのための地上設備が設けられる。

電化方式が異なる場合には、電化方式を一方に合わせて変更するか、複数の異なる電化方式でも走行できる設備を備えた車両(複電圧車交流直流両用車両等)を導入して対応する。また、非電化区間へは電車はそのままでは乗り入れられないが、電車を機関車で牽引することによって直通運転を実施する例がある。この場合、車内照明や空調等のサービス電源をまかなうため、発電機の搭載や電源車の連結が行われる。

また、直通運転する区間では案内表示の交換・新設がなされるほか、直通路線間の接続駅では、線路配線や信号設備の変更、ホームの新設などが行われる。直通運転により乗り入れてくる車両の規格に対応させるために路線全体の地上設備(直々セクションの設置など)を改修する場合もある。運用の変更に伴い車両基地の改修・新設・移転などを実施する場合もある。

車両

直通運転に使用される車両は、乗り入れ先路線の設備や運行形態に対応したものが必要である。具体的には、車両限界の要請による車両の大きさや、扉の数や位置、加減速度や最高速度など車両の性能などが挙げられるほか、軌間や電化方式の違いを車両側で対応するための装置などもある。また、当該の事業者間の取り決めにより、車両の操作方法[注 4]など、これら以外のさまざまな点についても一定の定めを設ける[注 5]

しかし、車両規格については相手の路線へ乗り入れられることが最低限の条件であって、完全な統一が必須というわけではなく、異なる車両規格で相互乗り入れを行うこともあり、日本では阪神電気鉄道と近畿日本鉄道との間、福井鉄道とえちぜん鉄道との間、他路線を介して乗り入れする例としては東京急行電鉄(東急電鉄)東横線と営団地下鉄日比谷線を介して東武鉄道伊勢崎線との間(東急東横線は当時18m級車両、東武伊勢崎線は20m級車両での運行、東横線の20m級車両は1969年の東急8000系が最初)での事例が挙げられる。

また、信号方式や保安装置ATSATC等)、列車無線の通信方式などが異なる場合、すべての事業者に対応できるよう同じ機能を異なる方式で複数搭載する必要が発生する。場合によっては、これらの設備を直通事業者間で統一した上で直通運転を行うこともある[注 6]

非常時の救援に備え、連結器も各者で共通化することが理想ではあるが、困難な場合は異なる連結器同士をつなぐための中間連結器を車両側および地上側に常備するが、あるいは専用の牽引用車両を用意することもある。

なお、一部の車両のみを直通運転に対応させ、残りの車両は直通運転させず自社線内のみを運行させるという方法も採られている。[注 7]

業務の取り扱い

直通運転においては、乗務員や駅員などの係員の業務の取り扱いも定める必要がある。

乗務員(運転士車掌等)の列車への乗務は大きく2つの方法に分けられ、具体的には、それぞれの事業者の乗務員が自事業者の管轄する区間のみを乗務し境界駅で交代する方式と、それぞれの事業者の乗務員が自事業者の車両に乗務し、相手方の路線まで通して運行する方式とである。前者の方式では、各乗務員が相手の事業者の車両の操作に習熟することと、境界駅での乗務の引き継ぎの方式を定めることとが必要となる。後者の方式では、各乗務員が相手の事業者の区間の路線の特徴や取り扱い方式などに習熟することが必要となる。日本においては、両方の方式が用いられてきたが、後者の方式をとった路線において阪急神戸線六甲駅列車衝突事故および信楽高原鐵道列車衝突事故といった重大事故が発生したことから、多くの路線において前者の方式へ切り替えられた。

また、運転指令においては直通事業者同士で緊密な連携が必要となるほか、境界駅での駅業務の管轄、各駅での連絡乗車券類の発売、乗り入れ先での拾得物取扱いなどについても定められる[注 8]

車両使用料・線路使用料

直通運転では、複数の事業者(会社)がそれぞれの区間を互いの車両によって運行するため、何らかの方法で経費の精算または相殺を行う必要がある。日本においては、ほとんどの場合線路などの施設の保有・車両の保有と列車の運行のすべてを区間ごとに一つの事業者が担う形態で運営されていることから、各事業者が直通相手の事業者に車両を貸し出して運行するという形を取っており、この際に車両使用料を収受することになる。実際には、双方の支払うべき車両使用料が同じになるよう調整し、支払いを相殺することがよく行われる[3]。このため、時として相手方の路線内だけを往復する運用や運用の持ち替えが見られる。

一方、施設を保有している会社と車両を保有し列車を運行する会社が異なる場合には、運行会社が保有会社に対して線路使用料を支払う形になる。

線路使用権

日本国外においては、列車を運行する会社が他社の鉄道路線を走行する契約を線路使用権(せんろしようけん)ということがある。この契約では、前者が後者のどの区間で運行し、営業を行うかが子細に定められる。前者は後者の路線を走行するが、貨客を問わず営業はしない契約形態もあり、それをオーバーヘッド・トラッケージ・ライト (Overhead trackage rights) またはインシデンシャル・トラッケージ・ライト (Incidental trackage rights) という。時には、後者は自社での運行を取りやめ、前者の列車のみが運行されることがある。これは、路線の一部をリースさせているのと同義となる。

線路使用権は、必要に応じて一時的な契約であったり、長期に及ぶ場合もある。一時的に線路使用権を設定するときの例としては、災害により自社路線が被災した場合に、被災していない平行他社路線を使用して列車を運行する、というものがある。長期契約の例としては、他社路線を使用したほうが利益が高くなる場合や、他社路線を使用すると短絡できる場合がある。

日本における直通運転

日本における直通運転は、大都市の地下鉄が郊外への私鉄路線と直通運転するものや、JR国鉄から経営分離された第三セクターがJRと直通運転するものなどが代表的である。大都市においては、運輸大臣の諮問機関である運輸政策審議会(現在の国土交通大臣の諮問機関交通政策審議会に相当)の答申により、路線建設時には直通運転を前提として計画がなされる。

日本において特徴的な直通運転の形態としては、都心部にターミナル駅を持つ私鉄と地下鉄とが直通する際に、ターミナル駅そのものではなく、数駅郊外側の駅で地下鉄の路線と接続して直通しているというものがあり、東京や名古屋・大阪で例が見られる。

また、同一事業者内ではあるが、東京や大阪のJRでは複数の路線間で直通運転を行っており、都心部をまたいだ一体的な列車運行や、広域的な中距離列車の運行がなされている。代表的な例としては東京の中央・総武緩行線上野東京ライン、大阪のJR東西線学研都市線などが挙げられる。

日本における直通運転の歴史

直通運転の歴史は明治時代から遡る。1950年代以前にも奈良電気鉄道近畿日本鉄道、および同鉄道と京阪神急行電鉄京阪電気鉄道などの異事業者での直通運転はあったが、本格的に異事業者間で直通運転開始をしたのは高度経済成長期全盛の1960年代に入ってからである。

民鉄と地下鉄との相互乗り入れ黎明期は、各駅停車による直通運転を原則としていた。地下鉄に民鉄の優等列車が定期列車で初めて乗り入れしたのは1964年10月1日のダイヤ改正で京成電鉄都営地下鉄浅草線に通勤準急(現在廃止)を乗り入れさせたのが最初である[4]

なお、かつては同一会社の路線が別会社に分割されて新たに直通運転となった例や、これとは逆に、かつては別会社同士の直通運転だったものが、同一会社の路線となり直通運転でなくなった例も存在する[注 9]。この他にも、一旦は直通運転を廃止したものの、運営形態の変更により営業上および書類上は再び直通運転となった例もあり[注 10]また、車両の譲渡などの理由により、それまで片乗り入れだったものが相互乗り入れに変更された例もある[注 11]

日本における直通運転の年表

日本における直通運転の事例

日本において、定期列車で行われている事業者間の直通運転の実施路線を示す。

JR同士

  • 下表のほかに、寝台特急「サンライズ瀬戸」がJR東日本(東海道本線) - JR東海(東海道本線) - JR西日本(東海道本線・山陽本線・宇野線・本四備讃線) - JR四国(本四備讃線・予讃線)の4社を、「サンライズ出雲」が上記にある東日本・東海・西日本3社の東海道・山陽本線のほかにJR西日本の伯備線・山陰本線へ直通運転を行っている。
事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考
JR東日本東北新幹線新青森駅JR北海道北海道新幹線
JR東日本東海道本線熱海駅JR東海 - 伊豆箱根鉄道東海道本線 - 駿豆線 [* 1]
JR東日本篠ノ井線 - 中央本線(中央東線)辰野駅JR東海飯田線
JR東日本篠ノ井線塩尻駅JR東海中央本線(中央西線)
JR東日本北陸新幹線上越妙高駅JR西日本北陸新幹線
JR東海東海道本線 - 高山本線猪谷駅JR西日本高山本線JR東海車両による特急「ひだ」のみ
JR東海 高山本線 - 東海道本線 米原駅 JR西日本 東海道本線琵琶湖線 - JR京都線 [* 2]
北陸本線
伊勢鉄道 - JR東海関西本線 - 伊勢線 - 紀勢本線新宮駅JR西日本紀勢本線(きのくに線)JR東海車両による特急「南紀」のみ
JR東海東海道新幹線新大阪駅JR西日本山陽新幹線16両編成の「のぞみ」「ひかり」のみ
JR西日本宇野線 - 本四備讃線児島駅JR四国本四備讃線 - 予讃線土讃線瀬戸大橋線
JR西日本山陽新幹線博多駅JR九州九州新幹線8両編成(「さくら」「みずほ」「つばめ」)
  1. JR東日本車両のみ。伊豆箱根鉄道への乗り入れは特急「踊り子」のみ。
  2. JR東海車両による特急「ひだ」、JR西日本車両による特急「しらさぎ」のみ

JRと私鉄・第三セクター

地下鉄が関係するものについては後述

事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考
JR北海道函館本線五稜郭駅道南いさりび鉄道道南いさりび鉄道線[* 1][* 2]
JR東日本奥羽本線青森駅青い森鉄道青い森鉄道線[* 1]
定期列車では青い森鉄道車両のみ。2017年3月4日ダイヤ改正で、青い森鉄道⇔JR奥羽本線の乗り入れ廃止。
JR東日本大湊線野辺地駅青い森鉄道青い森鉄道線[* 1]
JRの車両のみ
JR東日本八戸線八戸駅青い森鉄道 - IGRいわて銀河鉄道 青い森鉄道線 - いわて銀河鉄道線 [* 1]
JRの車両のみ
JR東日本花輪線好摩駅IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線[* 1]
JRの車両のみ。盛岡方面の1本は東北本線日詰駅まで乗り入れる。
JR東日本東北本線盛岡駅IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線[* 1]
JR東日本東北本線名取駅仙台空港鉄道仙台空港線仙台空港アクセス線
JR東日本東北本線槻木駅阿武隈急行阿武隈急行線[* 3]
JR東日本磐越西線 - 只見線西若松駅会津鉄道 - 野岩鉄道 - 東武鉄道会津線 - 会津鬼怒川線 - 鬼怒川線 - 日光線[* 4]
JR東日本鹿島線鹿島サッカースタジアム駅鹿島臨海鉄道大洗鹿島線[* 5]
JR東日本山手(貨物)線 - 東北本線(宇都宮線栗橋駅東武鉄道日光線 - 鬼怒川線日光」ほか特急列車のみ。
JR東日本 川越線 - 埼京線(東北本線支線 - 赤羽線 - 山手(貨物)線) - 東海道本線品鶴線 - 東海道貨物線大崎駅東京臨海高速鉄道りんかい線[* 6]
羽沢横浜国大駅相模鉄道相鉄新横浜線 - 本線相鉄・JR直通線[* 6]
JR東日本東海道本線 - 伊東線伊東駅伊豆急行伊豆急行線[* 7]
JR東海御殿場線松田駅小田急電鉄小田原線小田急車両による特急「ふじさん」のみ
JR東日本 - JR東海東海道本線三島駅伊豆箱根鉄道駿豆線JR東日本車両による特急「踊り子」のみ
JR東日本中央本線中央線快速大月駅富士急行大月線 - 河口湖線JRの車両のみ
JR東日本上越線六日町駅 北越急行 ほくほく線 [* 1][* 8]
えちごトキめき鉄道 - JR東日本妙高はねうまライン - 信越本線犀潟駅
北越急行 - JR東日本ほくほく線 - 信越本線直江津駅えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン[* 1][* 9]
JR東日本飯山線豊野駅しなの鉄道北しなの線[* 1]
JRの車両のみ
JR東日本信越本線篠ノ井駅しなの鉄道しなの鉄道線[* 1]
しなの鉄道の車両のみ
JR西日本城端線高岡駅あいの風とやま鉄道あいの風とやま鉄道線[* 1]
JRの車両のみ。休日は運転されない。
JR西日本東海道本線JR京都線) - 湖西線 - 北陸本線金沢駅 IRいしかわ鉄道 IRいしかわ鉄道線 [* 1][* 10]
JR西日本七尾線津幡駅
JR東海中央本線高蔵寺駅愛知環状鉄道愛知環状鉄道線[* 11]
JR東海関西本線河原田駅 伊勢鉄道 伊勢線 [* 1][* 12]
JR西日本 - JR東海参宮線 - 紀勢本線津駅
JR西日本山陰本線福知山駅京都丹後鉄道宮福線 - 宮豊線特急「はしだて」のみ
JR西日本東海道本線 - 山陽本線JR神戸線上郡駅 智頭急行 智頭線 [* 1][* 13]
JR西日本山陰本線 - 因美線智頭駅
JR西日本因美線郡家駅若桜鉄道若桜線[* 1]
若桜鉄道の車両のみ[* 14]
JR西日本福塩線神辺駅井原鉄道井原線[注 13]
井原鉄道の車両のみ
JR西日本岩徳線川西駅錦川鉄道錦川清流線[* 1][* 15]
JR四国牟岐線海部駅阿佐海岸鉄道阿佐東線[* 16]
JR四国土讃線後免駅土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線[* 17]
JR四国土讃線窪川駅土佐くろしお鉄道中村線 - 宿毛線中村線は元JR。特急列車のみ
JR四国予土線若井駅土佐くろしお鉄道中村線[* 1][* 18]
JR九州鹿児島本線八代駅川内駅肥薩おれんじ鉄道肥薩おれんじ鉄道線[* 1]
肥薩おれんじ鉄道の車両のみ[注 14]
  1. 第三セクター側の路線が元国鉄・JRの路線であり、特定地方交通線整備新幹線開業による並行在来線などの理由で経営分離されたもの。
  2. 道南いさりび鉄道の車両のみ。函館駅までの1駅だけ函館本線へ乗り入れる。
  3. 阿武隈急行線の一部区間は元国鉄。阿武隈急行の車両のみ。
  4. 会津鉄道は元JR。会津鉄道の車両のみ。磐越西線・野岩鉄道・東武鉄道は快速「AIZUマウントエクスプレス」のみで、特に磐越西線への乗り入れは臨時の延長運転のみ。
  5. 鹿島サッカースタジアム駅は臨時駅である。大洗鹿島線の列車が隣駅の鹿島神宮駅まで乗り入れており、事実上同線の一部となっている。
  6. りんかい・相鉄の車両は互いの路線を運行できない。また、相鉄車の新宿駅以北の乗り入れは通常は行わない。
  7. 普通列車は伊東線 - 伊豆急行線のみで、東海道本線へ乗り入れるのは特急列車のみ。また、JRの車両による普通列車の直通列車は運転されない。
  8. 「上越線 - 六日町駅 - ほくほく線 - 犀潟駅 - 信越本線」という形態で運行されている。北越急行の車両のみ。
  9. 特急「しらゆき」と快速列車はJRの車両のみ。北越急行直通列車は北越急行車両のみ。
  10. JRの車両のみ。北陸本線とのものは「北陸本線 - IRいしかわ鉄道線 - 七尾線」という形態で、特急「サンダーバード」のみ。
  11. 愛知環状鉄道線の一部区間は元JRだが、直通運転は第三セクター化後に2005年日本国際博覧会(愛・地球博)をきっかけに開始された。JRの車両のみ
  12. 「関西本線 - 河原田駅 - 伊勢線 - 津駅 - 紀勢本線 - 参宮線」という形態で運行されている。普通列車は伊勢鉄道の車両のみで、関西本線四日市駅まで2駅だけ乗り入れるのみである。特急「南紀」と快速「みえ」はJR東海の車両のみ。
  13. 「東海道本線 - 山陽本線 - 上郡駅 - 智頭線 - 智頭駅 - 因美線 - 山陰本線」という形態で運行されている。普通列車は智頭急行の車両のみで、因美線にのみ乗り入れる。特急「スーパーはくと」は智頭急行の車両、特急「スーパーいなば」はJRの車両で運行される。
  14. 2020年3月14日ダイヤ改正でJR西日本の車両の乗り入れ廃止。
  15. 錦川鉄道の車両のみ。岩国駅までの2駅だけ岩徳線へ乗り入れる。
  16. 朝の2往復のみ、JR四国の車両は甲浦駅まで、阿佐海岸鉄道の車両は牟岐駅まで乗り入れていた。2019年3月16日改正ダイヤで廃止。
  17. ごめん・なはり線の車両乗り入れは後免駅 - 高知駅間。高知駅 - 土佐山田駅間の運用もある。
  18. JRの車両のみ。窪川駅までの1駅だけ土佐くろしお鉄道へ乗り入れる。

私鉄・第三セクター同士

地下鉄が関係するものについては後述

事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考
IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線目時駅青い森鉄道青い森鉄道線
東武鉄道東武スカイツリーライン - 日光線 - 鬼怒川線新藤原駅野岩鉄道会津鬼怒川線 [* 1]
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅会津鉄道会津線
新京成電鉄新京成線京成津田沼駅京成電鉄千葉線新京成の車両のみ
西武鉄道池袋線 - 西武秩父線御花畑駅西武秩父駅秩父鉄道秩父本線西武の車両のみ
小田急電鉄小田原線小田原駅箱根登山鉄道鉄道線(箱根登山線)[* 2]
あいの風とやま鉄道あいの風とやま鉄道線市振駅えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン
IRいしかわ鉄道IRいしかわ鉄道線倶利伽羅駅あいの風とやま鉄道あいの風とやま鉄道線
福井鉄道福武線田原町駅えちぜん鉄道三国芦原線[* 3]
阪急電鉄宝塚本線川西能勢口駅能勢電鉄妙見線 - 日生線[* 4]
阪神電気鉄道本線 - 阪神なんば線大阪難波駅近畿日本鉄道(近鉄)難波線 - 大阪線 - 奈良線[* 5]
阪神電気鉄道本線 - 阪神神戸高速線(旧・神戸高速鉄道東西線)西代駅山陽電気鉄道本線[* 6]
阪急電鉄阪急神戸高速線(旧・神戸高速鉄道東西線支線)新開地駅阪神電気鉄道(神戸高速鉄道東西線) - 山陽電気鉄道阪神神戸高速線 - 山陽本線[* 7]
南海電気鉄道高野線中百舌鳥駅泉北高速鉄道泉北高速鉄道線
  1. 東武鉄道 - 野岩鉄道 - 会津鉄道の3社間で相互直通運転している。東武鉄道の車両(6050系)と同型の車両を野岩鉄道・会津鉄道も保有し、3社の車両が共通運用されている。
  2. 小田急の車両のみ。特急ロマンスカーが中心で、東京メトロ千代田線へ乗り入れる列車も運行される。特急以外の列車はごく一部を除き直通運転していないが、小田急の車両による箱根登山鉄道線内の折り返し運行がされている。
  3. 車両規格を統一せずに行われている直通運転であり、日本では珍しいケースである。
  4. 料金不要の特急列車「日生エクスプレス」のみ。以前は阪急電鉄の車両による片乗り入れだったが、2014年8月1日に阪急電鉄の車両(6000系)の1編成が能勢電鉄に譲渡され、変則的な相互乗り入れとなった。ただし、能勢電鉄に譲渡された車両は阪急宝塚線の他の車両とともに運用されており、本数の少ない直通運転列車で運用されることはまれである。
    • 近鉄の車両は、阪神との直通運転に使われない車両でも阪神の桜川駅までの1駅間のみ回送列車として乗り入れる。
    • 近鉄・阪神なんば線は10両編成の列車が運転されるが、阪神本線は8両編成以下のみ対応のため、途中の尼崎駅で増解結する列車がある。
    • 阪神車両によるごく一部の列車は、神戸高速線新開地駅発で運行される。
    • 関西での大手私鉄同士の直通運転は、前述した、奈良電気鉄道を1963年に吸収した近畿日本鉄道(京都線・奈良線)と京阪電気鉄道(本線宇治線)との1968年の直通運転終了以来41年ぶりである。
    • 福井鉄道 - えちぜん鉄道などと同様に、車両規格を統一せずに行われている直通運転であり、日本では珍しいケースである。
  5. 直通特急」も参照。なお、阪神本線・阪神神戸高速線を経由して、阪神なんば線および近鉄線と山陽電鉄とを直通する定期運用は存在しない。
  6. 1998年2月15日に一旦廃止されたが2010年10月1日に事実上の復活。山陽電気鉄道の車両が神戸市中心部へ神戸高速鉄道(第三種鉄道事業者。路線の保有のみを行っており、運行主体は阪急・阪神)の路線を経由して乗り入れるもの。阪神と山陽の境界駅は西代駅。

地下鉄とJR・私鉄

事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 境界駅 事業者名 路線名 備考
東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線北千住駅東武鉄道東武スカイツリーライン - 日光線[* 1]
JR東日本 中央線(各駅停車) 中野駅 東京メトロ 東西線 西船橋駅 JR東日本総武線(各駅停車) [* 2]
東葉高速鉄道東葉高速線
小田急電鉄多摩線 - 小田原線代々木上原駅東京メトロ千代田線綾瀬駅JR東日本常磐線(各駅停車)[* 3]
東武鉄道東上線和光市駅 東京メトロ 有楽町線副都心線 (副都心線)渋谷駅 東急電鉄(東急) - 横浜高速鉄道 東横線 - みなとみらい線 [* 4]
西武鉄道西武秩父線狭山線) - 池袋線 - 西武有楽町線小竹向原駅
東急電鉄田園都市線渋谷駅東京メトロ半蔵門線押上駅東武鉄道東武スカイツリーライン - 伊勢崎線・日光線[* 5]
東急電鉄 目黒線 目黒駅 東京メトロ南北線赤羽岩淵駅埼玉高速鉄道埼玉高速鉄道線 [* 6]
東京都交通局都営地下鉄三田線
京浜急行電鉄(京急)久里浜線逗子線空港線 - 本線泉岳寺駅東京都交通局浅草線押上駅京成電鉄 - 北総鉄道芝山鉄道押上線 - 京成本線 - 成田空港線(成田スカイアクセス線)北総線東成田線 - 芝山鉄道線[* 7]
京王電鉄高尾線相模原線 - 京王線 - 京王新線新宿駅新線新宿駅東京都交通局新宿線[* 8]
名古屋鉄道(名鉄)犬山線上小田井駅名古屋市交通局名古屋市営地下鉄鶴舞線赤池駅名古屋鉄道豊田線 - 三河線
名古屋市交通局上飯田線上飯田駅名古屋鉄道(名鉄)小牧線
京都市交通局京都市営地下鉄烏丸線竹田駅近畿日本鉄道(近鉄)京都線 - 奈良線[* 9]
京阪電気鉄道京津線御陵駅京都市交通局東西線[* 10]
北大阪急行電鉄南北線江坂駅大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)御堂筋線[* 11]
Osaka Metro中央線長田駅近畿日本鉄道けいはんな線[* 11]
Osaka Metro堺筋線天神橋筋六丁目駅阪急電鉄千里線 - 京都本線[* 12]
JR九州筑肥線姪浜駅福岡市交通局(福岡市地下鉄)空港線[* 13]
    • 東武スカイツリーライン・東武日光線(普通列車)から東京メトロ日比谷線は一体的に運行されている。
    • 東葉高速鉄道東葉高速線から東京メトロ東西線は一体的に運行されている。
    • JR東日本・東葉高速鉄道の車両は互いの路線で運行できない。東京メトロの車両は3社いずれの路線も運行できる。西船橋駅からの総武線乗り入れは平日朝夕のみ行われる。
    • 常磐線(各駅停車)から東京メトロ千代田線は一体的に運行されている。
    • 小田急の特急列車(ロマンスカー)の一部列車が東京メトロ千代田線へ乗り入れている。千代田線と箱根登山鉄道線とを直通する列車も運行されている。
    • 西武有楽町線から東京メトロ有楽町線・副都心線は一体的に運行されている。
    • 東京メトロ副都心線から東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線も一体的に運行されている。
    • 東急と横浜高速鉄道の境界駅は横浜駅
    • 東武・西武の車両は互いの路線を運行できない。
    • 東急・横浜高速鉄道の車両は原則として東京メトロ有楽町線(副都心線との共用区間を除く)へは入線しない。
    • 東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の保有する8両編成車両は、東武東上線の乗り入れ区間が志木駅までとなっている。
    • 東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線内は、通常時に10両編成が停車できない駅があり、10両編成は各停での運用ができない。
    • 西武秩父線は休日のS-TRAINのみ直通運転される。
    • 西武狭山線は西武ドームでの野球・イベント開催時のみ直通運転列車が運転される。
    • 東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線(急行・準急列車)から東京メトロ半蔵門線は一体的に運行されている。
    • 東急田園都市線と東京メトロ半蔵門線も一体的に運行されている。
    • 東急の一部の車両(Kマークが貼り付けられている)は東武へ乗り入れできない。
    • 東急目黒線から東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線は一体的に運行されている。
    • 埼玉高速鉄道線から東京メトロ南北線も一体的に運行されている。
    • 東京メトロ・埼玉高速鉄道の車両は都営地下鉄では、都営地下鉄の車両は東京メトロ・埼玉高速鉄道では、それぞれ運用されない。
    • 東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる、および線路を共用する鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。
    • 京成と北総鉄道の境界駅は京成高砂駅であるが、印旛日本医大駅を超える列車は北総鉄道の列車扱いではなく線路を共用している京成の列車扱いとなり、乗務員も引き続き京成が管轄している。京成と芝山鉄道の境界駅は東成田駅
    • 京成押上線と都営浅草線はほぼ一体的に運行されている。
    • 京成の一部車両は京急へ、京急の一部車両は都営地下鉄ほか他者へ、それぞれ乗り入れできない。
    • 京成成田空港線(北総線共用区間を除く)は京成・京急の一部車両のみが入線できる。
    • 京急の車両は京急線・都営線・京成押上線・成田空港線・北総線の各線および京成本線成田駅までの乗り入れで運用される。
    • 都営地下鉄の車両は京成成田空港線などを除いた直通運転区間のほぼ全域で運用される。
    • 京成・芝山鉄道の車両は京成線・芝山鉄道線・都営線の各線および京急線羽田空港まで(京成車の一部のみ京急久里浜駅)の乗り入れで運用される。
    • 北総鉄道および同社路線用の車両を保有する千葉ニュータウン鉄道の車両は北総線・京成押上線・都営線の各線および京急線羽田空港までの乗り入れで運用される。
    • 浅草線関連に限らず、東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。
    • 京王新線は都営新宿線と一体的に運行されている。
    • 都営地下鉄の車両は京王競馬場線で走行キロ数の精算を兼ねた線内折り返し列車として運用されていたことがあった。
    • 東京都交通局では、相互直通運転の事業者数を勘定する場合は、公式には「社局」とは称さず「者」としており、都営地下鉄に乗り入れる鉄道事業者側も「者」を使用する事例がある。
  1. 近鉄線内で普通列車として運用される列車は京都線新田辺駅までの運行。
  2. 京阪車両のみの片乗り入れ運用。
  3. 阪急線内準急となる列車および京都河原町駅まで乗り入れる列車は阪急の車両のみで運行される。
  4. 筑肥線筑前深江駅を越えて運行される列車はJRの車両のみ。筑肥線は姪浜駅発着の列車が存在せず、同駅では全列車が地下鉄空港線と直通運転する。空港線と直通運転している福岡市地下鉄箱崎線と筑肥線との直通は行われていない。

アメリカ合衆国における直通運転

アメリカ合衆国では、ユニオン・ステーション(共同使用駅)線路使用権が設定されている例のひとつである。ユニオン・ステーションはたいていの場合、入換専業鉄道が保有しており、線路使用権も入換専業鉄道や、入換専業鉄道に出資している鉄道が使用する。

アメリカ合衆国においては、線路使用権の契約は陸上交通委員会に登録されており、公文書として閲覧できる。

韓国における直通運転

近来の韓国の鉄道界では「直通」という用語の曖昧さを回避するために、日本での「直通運転」(직통운전)に相当することは「直結運行」(직결운행)または「直結運転」(직결운전)と、「急行」のことは「急行」(급행)または「急行運転」(급행운전)といっている。

韓国における直通運転の事例

香港における直通運転

  • 北西部を走る路面電車軽鉄 (香港)では、同じく兆康駅屯門碼頭駅を結び、杯渡・市中心を経由する614P系統と、良景・石排を経由する615P系統が終日にわたり直通運転を実施している。どちらかの系統を運行する列車が終点に到着後、運行系統を変更してそのまま直通し、終点に到着すると再び変更して運行することを繰り返し、実質環状運転を実施している。
    • 例:兆康→(614P系統で運行)→杯渡→市中心→屯門碼頭→(615P系統に変更)→石排→良景→兆康→(再び614P系統に変更)→(以降繰り返し)
  • ほかに、朝ラッシュ限定ではあるが途中駅で運行系統を変更する列車も数本ながら存在する。

中国における直通運転

中国の鉄道(国鉄)における旅客輸送は長距離輸送が中心であるため、線路間の直通運転は日常茶飯事である。さらに高速鉄道網も形成されており、高速鉄道同士、あるいは高速鉄道と在来線との間での直通運転も多くある。

一方、中国では日本における国電のような都市近郊電車網が皆無のため、国鉄 - 地下鉄の直通運転は全くない。一部地下鉄の線路と国鉄線路は物理上つながっているが、直通列車は設定されていない。

各会社同士が緊密に協力しないため、地下鉄と国鉄の直通列車を設定していない。

脚注

注釈

  1. 例:東京メトロ千代田線JR常磐線各駅停車
  2. 実際2017年に起きたのぞみ号台車破断事故では、名古屋駅で足止めされた車両がJR西日本所属のN700系であり、当該車両の台車とモーターを大型トラック博多総合車両所へ輸送しなければならなかったことから、対応に時間を要した。
  3. 事実、多数の直通運転を実施している東京メトロ都営地下鉄では、列車番号の末尾に、その車両の所属を示す記号を付している。また、都営浅草線乗入れ各者では車両の所属によって車両番号の千の位の数字が決められている。
  4. 一例として、マスコンの形状の統一化がある。マスター・コントローラー#直通運転とマスコン形状の統一も参照。
  5. 細かいところでは、名鉄100系電車の乗務員室の扉のヒンジを、名古屋市営地下鉄の車両に合わせて車端(先頭)側にした例がある(3500系以前の名鉄の車両は、閑散線区用のレールバスを除いて、客室側に乗務員室の扉のヒンジがあった)。また「北アルプス」用の車両(キハ8000キハ8500)も、国鉄JR)の車両に合わせて、車端(先頭)側に乗務員室の扉のヒンジがあった。
  6. 都営地下鉄1号線(現浅草線)と京成電鉄京浜急行電鉄との直通運転に際しては、保安装置は1号型ATS、列車無線は同規格の誘導無線に統一された。その後に追加された直通区間(現北総鉄道京成成田空港線)も同様。また保安装置の更新時も同一規格の車上装置を用いることが出来るC-ATSが採用された
  7. 例:小田急電鉄
  8. 例えば、東京メトロ南北線全線開業時(2000年)時点の各種契約書については、次の文献で確認できる。- 東京地下鉄道 南北線建設史”. 帝都高速度交通営団(公益財団法人メトロ文化財団・メトロアーカイブアルバム). pp. 279 - 314 (2002年3月31日). 2020年7月5日閲覧。
  9. 前者は国鉄が分割民営化によって別会社となった例や、新幹線の開業によりJR東日本から経営分離されたしなの鉄道IGRいわて銀河鉄道青い森鉄道といった並行在来線の例が、後者は千葉急行電鉄千葉急行線京成電鉄に、大阪港トランスポートシステム(OTS)が当時の大阪市交通局(現在の大阪市高速電気軌道)に編入されたり、北神急行電鉄神戸市交通局に、JR山田線の三陸鉄道リアス線にそれぞれ移管により解消された例がある。
  10. 神戸高速鉄道の運営形態変更により山陽電気鉄道→阪急電鉄への直通運転の事実上の復活の例がある。
  11. 2014年8月1日より阪急6000系電車の1編成が能勢電鉄へ譲渡されたことによるものなど
  12. ただし、日比谷線の車両の検査・分解業務が鷺沼車両基地で行われているため、中目黒駅から東急東横線・目黒線・大井町線を経由し、田園都市線鷺沼駅へ回送する運用は残っている。
  13. 総社駅 - 清音駅間は井原鉄道が第二種鉄道事業者として第一種鉄道事業者であるJR西日本伯備線の線路を共用しており、直通運転とは異なる。
  14. 検測列車としてJR九州の車両が乗り入れることはある。また2016年に「ななつ星in九州」が肥薩おれんじ鉄道線経由で運転されたほか、2020年秋にはD&S列車「36ぷらす3」の乗り入れを開始する予定。
  15. ソウル交通公社1000系新1000系は通常、楊州駅までの乗り入れである。
  16. KORAIL1000系は通常、餅店駅までの乗り入れである。5000系は全区間走行。ソウル交通公社1000系・新1000系は通常、餅店駅までの乗り入れである。
  17. 交直流用であるKORAIL2000系とソウル交通公社4050系安山線果川線へ乗り入れ、直流区間専用であるソウル交通公社4000系は、ソウル交通公社4号線内のみで運用されている。

出典

  1. 永井卯三郎(日本国有鉄道輸送局). 連絡運輸の直通貨車について”. 国立国会図書館 蔵書検索申込システム. 2016年9月15日閲覧。
  2. 「川越=横浜 直通効果 東急東横線=副都心線 運転1年」朝日新聞2014年3月14日東京版夕刊1面
  3. 杉山淳一 (2016年3月18日). 北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ”. ITmedia ビジネスオンライン. 2016年6月13日閲覧。
  4. 鉄道ピクトリアル 2007年3月臨時増刊号「京成電鉄」藤井浩二「京成の列車ダイヤに取り組んだ日々」 鉄道図書刊行会。
  5. 年譜 - 北神急行電鉄
  6. 2019年11月ダイヤ改正について (PDF)”. 東日本旅客鉄道 (2019年9月6日). 2019年12月1日閲覧。
  7. 令和2年3月14日ダイヤ改正についてのお知らせ”. 松浦鉄道 (2020年3月10日). 2020年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月18日閲覧。
  8. 北神急行線と市営地下鉄との一体的運行(市営化)について”. 神戸市交通局 (2020年4月2日). 2020年4月12日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.