益岡隆志

岡山市生まれ。1974年大阪外国語大学外国語学部英語学科卒業、76年同大学院外国語学研究科修士課程修了。神戸市外国語大学講師、助教授、教授。2008年「日本語モダリティ探究」で神戸大学文学博士[1]

益岡 隆志(ますおか たかし、1950年 - )は、日本言語学者神戸市外国語大学教授。

著書

  • 命題の文法 日本語文法序説』くろしお出版 1987
  • 『24週日本語文法ツアー』くろしお出版 1994
  • 『複文 新日本語文法選書』くろしお出版 1997
  • 『日本語文法の諸相』くろしお出版 2000
  • 三上文法から寺村文法へ 日本語記述文法の世界』くろしお出版 2003
  • 『日本語モダリティ探究』くろしお出版 2007
  • 『日本語構文意味論』くろしお出版 2013

共編著

  • 『基礎日本語文法』田窪行則共著 くろしお出版 1989
  • 『日本語のモダリティ』仁田義雄共編 くろしお出版 1989
  • 『日本語の主題と取り立て』野田尚史沼田善子共編 くろしお出版 1995
  • 『日本語の条件表現』編 くろしお出版 1995
  • 『岩波講座言語の科学5 文法』郡司隆男,仁田義雄,金水敏共著 岩波書店 1997
  • 『日本語文法セルフ・マスターシリーズ 7』仁田義雄,山本進共編 くろしお出版 2001
  • 『シリーズ言語対照 外から見る日本語 第5巻 主題の対照』編 くろしお出版 2004
  • 『シリーズ言語対照 外から見る日本語 第6巻 条件表現の対照』編 くろしお出版 2006
  • 『日本語文法の新地平』全3巻 野田尚史,森山卓郎共編 くろしお出版 2006
  • 『叙述類型論』編 くろしお出版 2008
  • 『シリーズ言語対照 外から見る日本語』第4、10巻 中川正之,西光義弘共編 くろしお出版 2009-10
  • 『はじめて学ぶ日本語学 ことばの奥深さを知る15章』編著 ミネルヴァ書房 2011
  • 『活用論の前線』三原健一,仁田義雄編 野田尚史,吉永尚,西山國雄,田川拓海共著 くろしお出版 2012
  • 『日本語複文構文の研究』大島資生,橋本修,堀江薫,前田直子,丸山岳彦共編 ひつじ書房 2014

論文

  1. 研究者情報
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.