百姓代

百姓代(ひゃくしょうだい)とは、身分百姓組頭(年寄)、名主(庄屋)の不正を監視する役。村方三役のひとつ。

北海道樺太および北方領土にも百姓代に相当する役職「土産取」があり、蝦夷アイヌ)の有力者が松前藩箱館奉行の行う撫育政策(オムシャ)で任命[1]された。幕末になると土産取は百姓代に改称されている。

出典

  1. 榎森進「「日露和親条約」調印後の幕府の北方地域政策について」『東北学院大学論集 歴史と文化』第52号、2014年、 17-37頁、 NAID 40020051072

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.