白鳳

白鳳(はくほう)は、寺社の縁起や地方の地誌や歴史書等に多数散見される私年号(逸年号とも。日本書紀に現れない元号をいう)の一つである。通説では白雉650年654年)の別称、美称であるとされている(坂本太郎等の説)。

二中歴』等では661年683年。また、中世以降の寺社縁起等では672年685年の期間を指すものもある。

なお、『続日本紀』神亀元年冬十月条(724年)に「白鳳より以来、朱雀以前、年代玄遠にして、尋問明め難し。」といった記事がみられる。

由来

劉勰文心雕龍』「第四十八節知音篇」の以下の部分にもとづき、「白雉」を「白鳳」と言い換えたのではないかと考えられている。

  • 原文
    夫麟鳳與麏雉懸絕、珠玉與礫石超殊……然魯臣以麟爲麏、楚人以雉爲鳳、魏民以夜光爲怪石、宋客以燕礫爲寶珠。形易徵、謬乃若是。文鑒、誰曰易分。
  • 書き下し
    夫れ麟鳳と麏雉は懸絶し、珠玉と礫石は超殊す……然るに魯臣は麟を以て麏と為し、楚人は雉を以て鳳と為し、魏民は夜光を以て怪石と為し、宋客は燕礫を以て宝珠と為す。形器 徴はれ易きも、謬ること乃ち是くの若し。文情 鑒(かんが)みること難し、誰れか分かち易しと曰はん。
  • 大意
    麒麟あるいは鳳凰の間には大きな隔たりがあり、真珠と砂利や石とでは余りに異なっている……ところがの臣下は麒麟を麏とみなしの人は雉を鳳凰と間違えの民は夜光の玉を怪しい石と思い、の客は石ころ宝珠と思い込んだ。形あるもは外見の見分けがつきやすいのにもかかわらず、それでもこのような間違いが起こる。(ましてや)文学の精神など見定めることは難しい、これを判別しやすいなどと誰がいえるだろう。

白鳳期におきた事件

西暦との対照表

白鳳元年2年3年4年5年6年7年8年9年10年11年12年13年14年15年16年17年18年19年20年21年22年23年
西暦661年662年663年664年665年666年667年668年669年670年671年672年673年674年675年676年677年678年679年680年681年682年683年
干支辛酉壬戌癸亥甲子乙丑丙寅丁卯戊辰己巳庚午辛未壬申癸酉甲戌乙亥丙子丁丑戊寅己卯庚辰辛巳壬午癸未
  • 『麗気記私抄』等
白鳳元年2年3年4年5年6年7年8年9年10年11年12年13年14年
西暦672年673年674年675年676年677年678年679年680年681年682年683年684年685年
干支壬申癸酉甲戌乙亥丙子丁丑戊寅己卯庚辰辛巳壬午癸未甲申乙酉

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.