白石正邦

白石 正邦(しらいし まさくに、明治2年8月8日[1]1869年9月13日) - 昭和18年(1943年))は、日本教育者

白石正邦

経歴

東京府出身。1898年(明治31年)、東京帝国大学文科大学国史科を卒業し、大学院に入った[2]麻布中学校教諭、陸軍教授・中央幼年学校附、学習院教授・学生監を経て、東京府立第五高等女学校校長を務めた[2]1939年(昭和14年)、退官[2]

親族

著作

  • 『石門心学の研究』(成美堂、1920年)
  • 『家訓講話』(章華社、1937年)
  • 手島堵庵心学集』(編集、岩波文庫、1934年)

脚注

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(上)』人事興信所、1939年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.