白人コンプレックス

白人コンプレックス(はくじんコンプレックス)とは、有色人種(アジア人黒人などの非白人)が白色人種(白人)に対して抱く審美観であり、欧米白人容姿ライフスタイル等に対する憧憬崇拝と、自人種や自身の容姿に対する劣等感コンプレックス)を指して呼ぶ言葉である[1][2]

2010年代でもモデルなどは白人や白人系ハーフの起用が見られる

分析

「白人コンプレックス」という感性日本に存在する歴史的要因は、明治政府が推し進めた欧化主義第二次世界大戦敗戦アメリカの占領軍(GHQ)による思想教育やアメリカ人との交流が市民レベルで増えたことによる風俗の変化などが主な要因として挙げられている。

明治時代以前の昔の日本では、絵巻物や多くの美人画浮世絵で描かれているように、切れ長の涼しい目が美人顔として好まれていたが、西欧文化移入後は徐々に変化し、第二次世界大戦後のメディア(雑誌、CMなど)で白人モデルが使用され2010年代でも芸能界の一部やファッションモデル業界、男性誌における白人や白人系ハーフを起用する傾向は浸透している[3][4]。 ただし、2010年代以降は欧米の停滞による世界での相対的地位低下、中国の超大国化、韓流の浸透、それまでソース顔に対して男性アイドルに見られたしょうゆ顔よりもさらに薄い顔立ちである塩顔が見られるようになるなど、白人崇拝から反する事例も多く見られている。

しかし、何れにせよ、某調査記事では「日本人女性の6割は日本人として生まれたくなかった」と回答したり[5]、「日本人は白人に誉められると気持ち良くなる傾向にある」という調査結果が出るなど、未だに根強い[6]。白人コンプレックスが強い日本人は、日本語で言える言葉を英語で言いたがったり、和のものより洋のものを好む傾向がある。また、中国系や東南アジア諸国民やその文化を見下す傾向が強い。

なお、外国人(決して欧米人だけではなく、アジア人も含む)からは日本のアニメのキャラクターが白人のように見える傾向がある。 実際、Bleach等の有名作品は白人をモデルにしてキャラクターを描いていると原作者が明言しており(作者は外国人という言葉を用いたが、ホリが深くて描きやすいという理由を付け加えており、日本と同じアジア系ならば態態外国人と表現する必要性がほぼ無い為、白人、黒人と捉えて間違いない)NARUTOの主人公も作者が意図して「海外で人気が出るように」「日本人離れした」風貌にしている(上述と同様、日本と同じアジアンならば「日本人離れした」という表現をする必要が無いため、上と同じ理由で、白人がキャラクターのモデルの可能性が高い)と言及している為、日本のキャラクターの一部が「白人に見える」事は決して間違いでは無い。 その一方、白人コンプレックスからそうなるという理由ではなく[7]、日本人は日本人の黄色人種の顔の配列の中で主役らしい顔を描いているだけで、それが結果的に欧米人からは白人の容姿に見えるだけという分析もある[7]。しかし、其の分析本にも確りと「白人顔」と書かれている通り、例の顔が白人に寄っている事から外国人達が白人に「見える」と判断している事は事実である。

また、日本においては全ての系統の白人を長頭、脚が長いとしている言論があり、実際上そのような傾向が確認されているが、白人においてでもアルプス人種東欧人種、南欧人種などは頭や脚が(西欧や北欧の白人と比べると)短めな傾向にあり、白人に長頭、長脚の傾向が多いとはいえ、全ての白人がそうではない。併し、その様な傾向があるからこそ、例の美的イメージが発生している事も又事実である。

脚注

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.