発がんプロモーション

多段階発がん説において、発がんプロモーション(はつがんプロモーション、: tumor promotion)または発がん促進は、様々な因子がイニシエーションを受けた単一の細胞の子孫の生存および増殖、すなわちアポトーシスに抵抗しクローン性増殖を遂げるための発がん過程の一つである。この過程は発がんプログレッションへの一歩である[1][2]

腫瘍細胞が生存するためには、p53BRCA1BRCA2RB1fas受容体といったがん抑制遺伝子の発現を低下させなければならない[3][4]。がん抑制遺伝子は、DNA損傷や倍数化、無制御の細胞成長が起こった際にがん細胞においてアポトーシス経路を始動させる。

同時に、腫瘍細胞は、RasMAPKKVEGFAktといった下流の成長因子や細胞生存シグナルの活性化を促進あるいは引き起こすがん遺伝子の発現上昇を必要とする[4]

脚注

  1. Seth Rakoff-Nahoum (Dec 2006). “Why Cancer and Inflammation?”. Yale Journal of Biology and Medicine 79 (3-4): 123–130. PMC: 1994795. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1994795/.
  2. NCI Dictionary of Cancer Terms:Tumor promotion”. National Cancer Institute. 2012年11月10日閲覧。
  3. Tumor Suppressor Genes”. 2014年9月29日閲覧。
  4. Oncogenes, Tumor Suppressor Genes,and Cancer (PDF)”. American Cancer Society. 2014年9月29日閲覧。

関連項目


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.