症例報告

医学における症例報告(しょうれいほうこく、case report)は、個々の患者についての詳細な報告で、症状、兆候、診断、治療、追跡調査の詳細をまとめたもの。診療ガイドラインへの反響や、治療の有効性、副作用、費用を伝えるための初期のきっかけとなりえ、医学、科学、教育の目的をもって共有することができる。

証拠(科学的根拠またはエビデンス)の強さは、上に行くほど強くなる。上に向けて蓄積されていくので二次研究が一次研究を拾いきれないラグも起こりうる。また効果のみを評価し副作用を考慮していない場合もある。
  in vitro(試験管)など

(ニューヨーク州立大学作成[1]

役割

症例報告は、一般に事例証拠だとされる[2]統計的な抽出がないことを含んだ方法論的な制約から、症例報告は症例シリーズと共に、医学的証拠の階層の中では最も最下位となる[3]。しかし医学研究の中で症例報告には有用な役割がある[4]。特に新しい疾患の確立と治療の副作用についての認識を促すということである[5]。例えばサリドマイドの母親への投与とそこから生まれた乳児に奇形が起こっていることがあるという認識は症例報告が引き金となった[6]医薬品安全性の役割を果たすことがある[5]。また、希少疾患の臨床的範囲や、一般的な病気の異例の症状を理解することを助ける[4]。病気の発生機序など研究上の仮説ができることもある[4]。医療実務においてはオーダメイド医療の参考となることもある[4]

特に症例報告は早く出版できるため、大規模な研究を行う時間の余裕のない臨床医でも、迅速な短いコミュニケーションをとることができる[7]

出典

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.