番号記号

番号記号(ばんごうきごう)またはナンバーサインnumber sign)は、井桁(いげた)やスクエアとも呼ばれ、番号を示す数字の前に置かれる記号である。14世紀頃、古代ローマで重さの記号として使われていた lb に横棒を引いたものが、手書きのためだんだんと崩れて今の形になったと言われている[1]。日本ではこの記号の代わりにヌメロ (numero, No.) を使って「ナンバー」と読むのが一般的である。

#

米国では前述の由来通り質量のポンドを表すのにも使われ、その場合は「パウンド」と読まれる。北米以外の英語圏では「hash(ハッシュ)」と読まれることがあるが、これは「切り刻む」という意味である。これら以外の読み方も存在する。また、素数階乗を表す記号でもある。

押しボタン式電話機には、数字に加えて # と スターマーク) のボタンが置かれ、特殊な用途に使われる。

絵文字スタイル:

  • #

この記号はシャープ(嬰記号)と呼ばれることもあるが、音楽記号のシャープ(♯)が五線から見分けるために、横線を右上がり、縦線を垂直に書くのに対し、# は横線を水平、縦線を右に傾けて書かれる点が異なる。

コンピューターにおける番号記号

  • 一般的なQWERTY配列キーボードではShiftキーを押しながら3キーを押すと打つことができる。読みは多くの場合「シャープ」(「C#」など)。
  • 一般に数値を表す。
    • ひな形文字列の中の数字を埋め込むべき部分に使われる。
    • MediaWikiソースでは数字付きリストを表す。
  • Unixシェルスクリプト、またそれが影響しているPerlPythonなどのスクリプト言語や設定ファイル等で、コメントを表すのに使われる。# は行頭ないし行の途中に置くことができ、# 以降は改行までがコメントとして扱われる。ファイルの先頭にある #!から開始するコメントは、そのスクリプトを実行するインタプリタの指定として扱われる(シバン)。
  • URIにおいてfragmentとその他の部分のセパレータに使われる。たとえばHTMLではページ内の(a要素のname属性やid属性で定義された)箇所を示すのに使う。
  • HTMLCSSにおいて、RGBカラーモデルにおける値を表す。
  • HTMLにおいて、タグのid属性を表す。
    例: http://example.com/def.html#2ndSection
    • MediaWikiでは、ページ内の見出しにリンクするのに使う。
  • C言語C++などにおいては、プリプロセッサなどに渡すディレクティブが、#から始まる(#define, #include など)。

業界用語としての番号記号「シャープ」

TVラジオ映画業界では、いわゆる業界用語として製作番組の放送回数を意図的に「シャープ」という呼称で表現しており、番組中、スタッフ(主にディレクターAD)と演者の会話でそのまま使用されることで一般視聴者も耳にすることがある。

例えば「第100回(話)」すなわち「#100」なら「シャープ100」であり、「今何話?」ならば「今シャープいくつ?」と呼称する。

その他

スポーツ界のチームスポーツを主とする競技では、選手の背番号を表記する際に番号記号が使用される。たとえば、「#10」は背番号10を表す。

Twitterを始めとするソーシャル・ネットワーキング・サービスの世界では、番号記号を「ハッシュタグ」と呼び、それ自体がリンクとなり、検索することができる。詳細は当該項目を参照。

符号位置

記号UnicodeJIS X 0213文字参照名称
#U+00231-1-84#
#
番号記号
NUMBER SIGN
U+FF031-1-84#
#
番号記号(全角)
FULLWIDTH NUMBER SIGN

脚注

  1. 「#」記号の歴史。ハッシュタグ以前、それは電話のシャープだった”. ギズモード・ジャパン. 2018年5月28日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.