畝本直美

畝本 直美(うねもと なおみ、1962年7月9日 - )は、日本検察官法務官僚女性初の高知地方検察庁検事正を務めたのち、法務省保護局長等を経て、最高検察庁公判部長。

来歴・人物

千葉県千葉市出身[1]。1985年中央大学法学部卒業、1988年検察官任官[2]名古屋地方検察庁豊橋支部検事[1]東京地方検察庁検事等を経て[3]、2012年法務省刑事局公安課[4]。同年東京地方検察庁総務部[5]。2014年東京地方検察庁立川支部長[3]。2015年には女性初の高知地方検察庁検事正に就任。全国の検事正としても史上10人目の女性検事正となった[3]。2016年から法務省保護局長を務め[2]、2018年には東宮御所皇太子徳仁親王及び皇太子徳仁親王妃雅子に、更生保護進講を行った[6][7]。2019年最高検察庁監察指導部長[8]。同年最高検察庁総務部長[9]。2020年5月最高検察庁公判部長兼任[10]。7月総務部長併任解除。

関連項目

脚注

先代:
小林健司
高知地方検察庁検事正
2015年 - 2016年
次代:
吉池浩嗣
先代:
上冨敏伸
最高検察庁監察指導部長
2019年
次代:
吉田安志
先代:
廣上克洋
最高検察庁総務部長
2019年 - 2020年
次代:
河瀬由美子
先代:
和田雅樹
最高検察庁公判部長
2020年 -
次代:
(現職)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.