甲島 (広島・山口)

甲島(かぶとじま)は、瀬戸内海安芸灘に位置する無人島[1]広島県大竹市山口県岩国市(旧玖珂郡由宇町)に属する[1]

甲島
甲島(岩国城模擬天守から撮影)
所在地 日本国
(広島県大竹市・山口県岩国市)
所在海域 安芸灘(瀬戸内海)[1]
座標 北緯34度7分16.0秒 東経132度18分56.7秒
面積 0.14[1] km²
最高標高 101.54[2] m
最高峰 鉢ケ峰
甲島
甲島 (山口県)
甲島
甲島 (広島県)
甲島
甲島 (日本)
プロジェクト 地形

地理

甲島は岩国飛行場山口県岩国市)の沖合海上にあり[3]阿多田島広島県大竹市)からは南へ約7kmの位置にある[1]岩国港からは南東へ約10.6km[1]。由宇港からは北東へ約12.5km。

大きさは、面積約0.14平方キロメートル[1]。島内の最高地点(鉢ケ峰)の標高は101.54メートル[2][注 1]

地質は、白亜紀の黒雲母花崗岩からなり、低い丘陵性の地形をなす。中央部に鉢ケ峰がそびえ、島形が兜のようにみえることが島名の由来となったと考えられている[4][1]

島の周辺は好漁場として知られ、イワシを狙った底引き漁などが営まれる。また、釣り愛好家たちがクロダイ(チヌ)を求めて集まることでも知られている[1]

歴史

甲島を巡っては江戸時代から現・大竹市の佐伯郡小方村と現・岩国市の玖珂郡由宇村の2つの村が境界争いをしていたとされる[5]。『芸藩通志』(1825年)には、島が安芸国周防国の国境になっていて、両藩が島を分割領有していたことが記されている[1]

明治時代にはこの争いが再燃した。1875年明治8年)に、甲島周辺を漁場とする広島県は山口県に対し甲島の自県への帰属を通告したが、甲島を農地として利用していた山口県は江戸時代に交わされた分割統治の証文を証拠として通告を拒否した[5]。係争は膠着し、その間に村民同士の暴力事件に発展したため、1879年明治12年)に内務省が介入し、島の中央を走る鉢ヶ峰の稜線を県境と定めた[5]

1880年明治13年)、廿日市市で江戸時代末期に作図された甲島の古地図が発見された。古地図には島の要所にそれぞれの村が名付けた地名が併記されており、甲島の領有が当時から曖昧だったことが分かる資料となっている[5]

その後、島は日本海軍が利用するようになった[1]太平洋戦争終結後は、家畜の放牧に利用され、和牛山羊の飼育が行われた[1]

インフラが無い為、現在も居住者は居ない。沈み瀬に囲まれ黒鯛(通称:チヌ)の漁場となっており、釣り人にはよく知られている。現在は使用される事はないが、島の中央から東側にアメリカ軍ヘリポートがある。

交通アクセス

  • 定期船は無いが、個人所有の船で渡航可能。参考として、宇島港よりボートで50分程かかる。

脚注

注釈

  1. 『日本の島ガイド SHIMADAS』(第2版第2刷、2004年)では「約102メートル」[1]

出典

  1. 『日本の島ガイド SHIMADAS』(第2版第2刷)、p478
  2. 国土地理院・基準点等閲覧サービス、二等三角点「兜島」(基準点コード:TR25132124501)
  3. 小学館,デジタル大辞泉プラス,コトバンク版、2018年3月28日閲覧。
  4. 角川書店 1988.
  5. 山本 2015, pp. 146-148.

書誌情報

  • 角川書店「山口県」『角川日本地名大辞典』35、角川書店、1988年。ISBN 978-4040013503。
  • 山本栄一郎『山口「地理・地名・地図」の謎』実業之日本社〈じっぴコンパクト〉、2015年。ISBN 9784408455365。
  • 財団法人日本離島センター編 『日本の島ガイド SHIMADAS』(第2版第2刷) 日本離島センター、2004年。ISBN 4931230229

関連項目

以下の島々は島内に県境が敷かれ、2つの県にまたがっている。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.