甲子殉難十一烈士

甲子殉難十一烈士(きのえねじゅんなんじゅういちれっし)は、江戸時代末期(幕末)の1864年元治元年)、江戸幕府による第一次長州征伐に際し長州藩内の主導権を握った俗論党によって、萩の野山獄で処刑された長州藩士11人を総称した名称。

東光寺にある松島剛蔵の墓

彼ら11人は、黄檗宗東光寺萩市)の元治甲子殉難烈士墓所に福原元僴益田親施国司親相清水清太郎周布政之助らと共に祀られている。

該当者

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.