田辺島通停留場

田辺島通停留場(たべしまどおりていりゅうじょう)は、高知県高知市大津にあるとさでん交通後免線路面電車停留場

田辺島通停留場
はりまや橋方面ホームと200形213号
たべしまどおり
Tabeshima dori
鹿児 (0.5 km)
(0.3 km) 東新木
所在地 高知県高知市大津
所属事業者 とさでん交通
所属路線 後免線
キロ程 5.9 km(後免町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1910年(明治43年)10月15日

歴史

田辺島通停留場は1910年(明治43年)の開業[1]。とさでん交通の前身土佐電気鉄道によって葛島橋西詰停留場から鹿児停留場までの区間が開通したのと同日に設けられた[1]

構造

ホームは2面あり、2本の線路を挟み込むように配される[4]。互いのホームは斜向かいに離れて位置していて、東に後免町方面行き、西にはりまや橋方面行きのホームがある[4]

後免町寄りに渡り線があり[4]、はりまや橋方面への折り返し便も設定される。

周辺

停留場名にある「田辺島」は、停留場の北方約1キロメートルの国分川河畔にある小山[5]。かつてはその名の通り浦戸湾に浮かぶ島だった[5]

停留場の脇には鹿児山があり、鹿児神社が鎮座する[5]

隣の停留場

とさでん交通
後免線
鹿児停留場 - 田辺島通停留場 - 東新木停留場

脚注

  1. 『土佐電鉄が走る街 今昔』100・156-158頁
  2. 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社、2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6。
  3. 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  4. 川島令三『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、34・91頁。ISBN 978-4-06-295161-6。
  5. 『土佐電鉄が走る街 今昔』82頁

参考文献

  • 土佐電鉄の電車とまちを愛する会『土佐電鉄が走る街 今昔』JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2006年。ISBN 4-533-06411-6。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.