田上順次

田上 順次(たがみ じゅんじ、1955年 - )は日本歯科医師歯学者東京医科歯科大学歯学部長、大学院医歯学総合研究科摂食機能保存学講座う蝕制御学分野教授。歯科保存学の分野で知られる。日本歯科審美学会元会長[2]日本接着歯学会 元会長[3]

田上順次
生誕 1955年[1]
三重県[1]
居住 日本
研究分野 保存治療系歯学
研究機関 東京医科歯科大学奥羽大学
出身校 東京医科歯科大学
プロジェクト:人物伝

経歴

三重県[1]生まれ。1980年に東京医科歯科大学歯学部を卒業し、84年に同大学院修了[3]。以後、同大学助手、奥羽大学教授を経て1995年より東京医科歯科大学教授に就任[4]

1984年 東京医科歯科大学より歯学博士号を得る。論文名は「コンポジットレジンのエナメル質接着性に及ぼす酸蝕技法の影響」[5]

著作

  • 総山孝雄、田上順次『保存修復学総論(旧題 新編窩洞形成法)』永末書店、1996年。ISBN 4-8160-1015-7。
  • 田上順次「2章 コンポジットレジン修復(前歯部)4 4級・5級コンビネーション窩洞・5 歯頚部摩耗症」『カラーアトラス 保存修復の臨床』加藤喜郎小野瀬英雄医歯薬出版、1996年4月、第2版。ISBN 978-4-263-45325-4。
  • 『新しい齲蝕学・修復学を求めて』安田登、田上順次、医歯薬出版〈隔月刊「補綴臨床」別冊〉、1997年5月。
  • 田上順次 他『わかる・できる 接着』猪越重久日野浦光安田登医歯薬出版歯界展望別冊〉、1997年11月。
  • 田上順次、岩本奈々子岸川隆蔵「SKILL UP 2 補綴物製作からメインテナンスまで From prosthetic fabrication to maintenance 接着・合着 簡便に歯の色調を改善するレジン系マニキュア材料」『最新歯科材料活用マニュアル 材料が変われば臨床が変わる』高橋英登塩野英昭医歯薬出版〈補綴臨床別冊〉、2000年5月20日。ISBN 978-4-263-46109-9。
  • 『変色歯・着色歯への対応』河野篤、田上順次、福島正義医歯薬出版歯界展望別冊〉、2000年12月20日。
  • 『いま注目の歯科器材・薬剤2002』内山茂小田茂鈴木哲也須田英明、田上順次、豊島義博医歯薬出版歯界展望別冊〉、2001年12月20日。
  • 田上順次 他『接着歯学 Minimal Interventionを求めて』日本接着歯学会、医歯薬出版、2002年4月20日。ISBN 978-4-263-44135-0。
  • 二階堂徹、田上順次『無髄歯の修復』口腔保険協会〈デンタルテクニックスシリーズ24〉、2002年10月25日。ISBN 9784896051834。
  • 田上順次、加藤純二「2章 齲蝕への対応 2 年齢層による齲蝕発生パターンの違い・3 部位による治療方針の違い」『歯をまもる』中尾勝彦安田登高島昭博医歯薬出版〈Skill-up of Dental Practice 1〉、2002年4月25日。ISBN 978-4-263-40811-7。
  • 『TOOTH WEARと象牙質知覚過敏』M.Addy・G.Embery・W.M.Edgar・R.Orchardson、監訳:小林賢一小林千尋、田上順次、医歯薬出版、2003年1月20日。ISBN 9784263441480。
  • 田上順次、松田繁一郎「第II編 歯科医療事故の予防と対策 第2章 疾患別診断とインフォームドコンセントの留意点 1.齲蝕」『歯科医療事故予防学』青柳公夫鈴木俊夫夏目長門医歯薬出版、2003年6月。ISBN 978-4-263-44154-1。
  • 『保存クリニカルガイド』千田彰寺下正道、田上順次、片山直医歯薬出版、2003年8月。ISBN 9784263455661。
  • 『使いこなそうコンポジットレジン Minimal Interventionのための修復テクニック』猪越重久、田上順次、奈良陽一郎日野浦光福島正義桃井保子医歯薬出版歯界展望別冊〉、2004年5月20日。
  • かづきれいこ、田上順次『デンタル・メディカルスタッフのためのリハビリメイク入門』医歯薬出版、2004年10月25日。ISBN 9784263441831。
  • 田上順次 他『新歯科技工士教本 歯科技工学概論』全国歯科技工士教育協議会、医歯薬出版、2006年1月25日。ISBN 978-4-263-43114-6。
  • 『保存修復学21』監修:田上順次、千田彰奈良陽一郎桃井保子永末書店、2006年3月30日、第3版。ISBN 978-4-8160-1165-8。
  • 田上順次「V う蝕の治療 1.う蝕治療の最前線」『新・う蝕の科学』浜田茂幸大嶋隆医歯薬出版、2006年5月1日。ISBN 978-4-263-45598-2。
  • 『接着YEAR BOOK 歯科臨床を支える 接着のエビデンスとテクニック』松村英雄、田上順次、クインテッセンス出版ザ・クインテッセンス別冊〉、2006年8月10日。ISBN 978-4-87417-918-5。
  • 二階堂徹、田上順次『臨床に役立つ 接着修復のすべて DVD付』宮崎真至医歯薬出版歯界展望別冊〉、2006年10月20日。
  • 『う蝕学 チェアサイドの予防と回復のプログラム』田上順次、花田信弘桃井保子永末書店、2008年3月5日。ISBN 978-4-8160-1192-4。
  • 田上順次 他『新歯科技工士教本 歯科技工実習』全国歯科技工士教育協議会、医歯薬出版、2008年3月20日。ISBN 978-4-263-43123-8。
  • 『保存修復クリニカルガイド』千田彰寺下正道、田上順次、奈良陽一郎宮崎真至片山直医歯薬出版、2009年11月10日、第2版。ISBN 978-4263456330。
  • 北迫勇一『歯が溶ける!? 酸蝕歯って知っていますか?』田上順次、クインテッセンス出版、2009年11月10日。ISBN 978-4781201030。
  • 田上順次「Part2 臨床家・大学人18人の“私の臨床でのコンポジットレジン修復ダイジェスト” 12コンポジットレジンは歯の手入れのツール」『YEAR BOOK 2011 日常臨床で必ず使えるコンポジットレジン修復の一手』ザ・クインテッセンス編集部、クインテッセンス出版ザ・クインテッセンス別冊〉、2011年1月10日。
  • 『保存修復学21』監修 田上順次、千田彰奈良陽一郎桃井保子永末書店、2011年4月1日、第4版。ISBN 978-4-8160-1221-1。
  • 田上順次「第2章 歯がしみる──こんな場合にはどうする? 3. 最終の修復処置後にしみるようになった」『象牙質知覚過敏症 目からウロコのパーフェクト治療ガイド』冨士谷盛興千田彰医歯薬出版、2011年9月1日。ISBN 978-4-263-46109-9。
  • 『コンポジットレジン修復の Art & Imagination 臨床に必須の知識と技術』田上順次、宮崎真至松本勝利ヒョーロン日本歯科評論別冊〉、2012年5月17日。

所属団体

脚注

  1. 学部長メッセージ「歯学部の魅力って何?」”. 大学受験パスナビ. 旺文社. 2012年9月2日閲覧。
  2. 会員のみなさまへ”. 日本歯科審美学会. 2012年9月2日閲覧。
  3. 「特別講演3 接着歯学の現在と未来」『接着歯学』第24巻第4号、日本接着歯学会、 213頁。
  4. 田上 順次 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2008年10月28日). 2012年9月2日閲覧。
  5. 博士論文書誌データベース
  6. 役員構成”. 日本歯科審美学会. 2012年9月2日閲覧。
  7. 日本接着歯学会役員一覧”. 日本接着歯学会. 2012年9月2日閲覧。
  8. 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会役員(平成24年度)”. 日本歯科保存学会. 2012年9月2日閲覧。
  9. 日本歯科医学教育学会役員一覧”. 日本歯科医学教育学会. 2012年9月2日閲覧。
  10. 日本レーザー歯学会役員名簿(2011-2012年度)”. 日本レーザー歯学会. 2012年9月2日閲覧。
  11. 学会事務便り(第79巻)”. 口腔病学会. 2012年9月2日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.