産み分け

産み分け(うみわけ)は、男女どちらかの性別の子供を希望する夫婦が、それを実現するための科学的な根拠を持つ技術、またはその技術を用いること。

概要

科学的根拠を有する確実な方法は、体外受精の手法を用いた着床前診断であるが、産み分けの目的でこの手法を用いることは日本産科婦人科学会が禁止している[1]ため、日本国内では行われていない。しかしながらアメリカ合衆国では着床前診断による産み分けに特に規制はないので、一般的に実施されている。その他ヨルダンイスラエル、その他の非キリスト教国では着床前診断によるファミリーバランシングを目的とした産み分けが実施されている場合が多い。男女の精子をフローサイトメトリーで分離するマイクロソート法によれば、着床前診断には劣るものの70〜90%の確率で産み分けが可能である。この方法は米国でのみ実施されている。その他、流布されている方法は、疑似科学迷信の類に過ぎない。男子が親の面倒を見る伝統の中華人民共和国では、さらに一人っ子政策のために男子を望む傾向が高い[2]

産み分けにまつわる信仰・風習・呪術

科学・医学が発達する前から、子供の産み分けが試みられてきた。仏教では烏枢沙摩明王に胎内の女児を男児に変える力があるとされ、この明王を本尊とした祈願法も行われていた。『法華経』の「観世音菩薩普門品」(観音経)では、観音菩薩に母親が望む性別の子を授ける力があると記されている。

脚注

  1. 「着床前診断」に関する見解”. 公益社団法人日本産科婦人科学会 (2015年6月20日). 2018年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月17日閲覧。
  2. 柯隆 (2009年2月9日). 「一人っ子政策」の弊害”. JBpress. 2019年9月13日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.