生 (仏教)

仏教用語(しょう)は、パーリ語Jātiジャーティ)に由来する概念であり、サンサーラsaṃsāra)によって新しい生命として、繰り返し存在しつづけることを指す(輪廻)。

仏教用語
ジャーティ
パーリ語 Jāti
サンスクリット語 Jāti
チベット語 skyed.ba
ビルマ語 ဇာတိ
(IPA: [zàtḭ])
中国語
(拼音: shēng)
日本語
(ローマ字: shō)
英語 birth
クメール語 ជាតិ
(Cheat)
シャン語 ၸႃႇတီႉ
([tsaa2 ti5])
シンハラ語 ජාති
ベトナム語 sinh

仏教の教えでは、ジャーティは以下の文脈で使われる。

種別

伝統的な仏教思想では、ジャーティには4つの形態がある[3][4]

  • 卵からの誕生 (サンスクリット語: Andaja; パーリ語: Aṇḍaja; 卵生; チベット語: Sgongskyes) - 鳥、魚、爬虫類など。
  • 子宮からの誕生 (サンスクリット語: Jarayuja; パーリ語: Jalābuja; 胎生; チベット語: Mnal-skyes) — ほとんどの哺乳類と、庶民的な天部ら。
  • 霧からの誕生 (サンスクリット語: Samsvedaja; パーリ語: Saṃsedaja; 濕生; チベット語: Drod-skyes) — 腐った肉に生まれる蛆虫など(微生物の卵を指すであろう)。
  • 転生による誕生 (サンスクリット語: Upapaduka; パーリ語: Opapatika; 化生; チベット語: Rdzus-skyes) — 奇跡的な実体化、大部分の天部ら。

四諦において

四諦においてジャーティは、苦(ドゥッカ)の一面として示されている。たとえば初転法輪においては[6]

比丘たちよ、(ドゥッカ)の真理(サッチャ)とは以下である。
すなわち、生は苦である、老は苦である、病は苦である、死は苦である、
怨憎するものに会うことは苦である、愛するものと別居するのは苦である、求めて得られないのは苦である。
要するに五取蘊は苦である。

Ajahn Sucittoは仏教の観点から、出生にかかわる困難やドゥッカについて以下を説明している[7]

どのようにジャーティは難しいのか、そしてドゥッカが伴うのか? まあ、出生は物理的に痛いものである。赤ちゃんがどんなに苦しんでいるか注目してください。 現世に産まれることは、絶望的で恐ろしい経験に違いない。

今日の世界に生きる大部分の人々にとって、それは(胎内という)栄養が保証された環境の終わりと、生き残るための闘争の始まりを意味するからだ。 ごく一握りの、豊かな社会に暮らす特権的な人であっても、生まれてからは、身体的不快感が必ずあるし、また快適性、財産、健康らを維持したり守る必要がでてくる。 いずれの場合でも出生とは、その長期的・短期的な結果は明らかに死であり、その道筋は究極的には避けがたい消滅である。 出生の結果としてもたらされる喜びが何であろうと、出産には、遅かれ早かれ発生する苦やストレスの要素が含まれている。

出生は、達成を追い求める「未達成状態」と見ることもできる。つまり出生は、需要の始まりであり、それは何かの発生を伴った影の気分である。

十二因縁

  十二因縁  
無明(無知)
名色
六処
(存在)
(誕生)
老死(老いと死)
 

ジャーティは十二因縁の11番目に位置づけられる。それは(ビハーバ, bhava)の結果であり、それに続く老いと死(老死)の始まりである。すなわち、生まれたからには、必ず老いて死ぬという事である。

仏教談話において

パーリ仏典において、釈迦はさらに詳しく述べている。

ジャーティとは何か?出産、生を得ること、降下すること、来るべきこと、出立すること、 集合体の出現、この種の個体群における様々な存在の感覚(アヤタナ)の獲得、これらをジャーティはと呼ぶ。 [8]

脚注

  1. 櫻部・上山 2006, p. 310~311.
  2. 中村 2002, p. 96.
  3. 佛學問答第三輯
  4. Bot Thubten Tenzin Karma and Rebirth
  5. Four Noble Truths
  6. In this translation by John T. Bullit, Bullit leaves the term "dukkha" untranslated. The main article that presents this translation is The Four Noble Truths.[5] Links to each line in the translation are as follows: line 1: First Noble Truth; line 2: Second Noble Truth; line 3: Third Noble Truth; line 4: Fourth Noble Truth.
  7. Ajahn Sucitto 2010, p. 37.
  8. See, for instance, SN 12.2 (Thanissaro, 1997) and DN 22 (Thanissaro, 2000).

参考文献

  • Ajahn Sumedho (2002), The Four Noble Truths, Amaravati Publications
  • Ajahn Sucitto (2010), Turning the Wheel of Truth: Commentary on the Buddha's First Teaching, Shambhala
  • Bhikkhu, Thanissaro (1997), Tittha Sutta: Sectarians, AN 3.61, http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/an/an03/an03.061.than.html 2007年11月12日閲覧。
  • Bodhi, Bhikkhu (2000), The Connected Discourses of the Buddha: A New Translation of the Samyutta Nikaya, Boston: Wisdom Publications, ISBN 0-86171-331-1
  • Das, Surya (1997), Awakening the Buddha Within, Broadway Books, Kindle Edition
  • Epstein, Mark (2004), Thoughts Without A Thinker: Psychotherapy from a Buddhist Perspective, Basic Books, Kindle Edition
  • Gethin, Rupert (1998), Foundations of Buddhism, Oxford University Press
  • Goldstein, Joseph (2002), One Dharma: The Emerging Western Buddhism, HarperCollins
  • Harvey, Peter (1990), Introduction to Buddhism, Cambridge University Press
  • Kalupahana, David J. (1992), A history of Buddhist philosophy, Delhi: Motilal Banarsidass Publishers Private Limited
  • Keown, Damien (2003), Dictionary of Buddhism, Oxford University Press, ISBN 0-19-860560-9
  • Moffitt, Phillip (2008), Dancing with Life: Buddhist Insights for Finding Meaning and Joy in the Face of Suffering, Rodale, Kindle Edition
  • Nanamoli, Bhikkhu (1995), The Middle Length Discourses of the Buddha: A New Translation of the Majjhima Nikaya, Boston: Wisdom Publications, ISBN 0-86171-072-X
  • Nhat Hanh, Thich (1999), The Heart of the Buddha's Teaching, Three River Press
  • Rahula, Walpola (2007), What the Buddha Taught, Grove Press, Kindle Edition
  • Trungpa, Chogyam (2009), The Truth of Suffering and the Path of Liberation (edited by Judy Leif), Shambhala
  • Tulku, Ringu (2005), Daring Steps Toward Fearlessness: The Three Vehicles of Tibetan Buddhism, Snow Lion
  • 櫻部建 ; 上山春平『存在の分析<アビダルマ>―仏教の思想〈2〉』角川書店角川ソフィア文庫〉、2006年。ISBN 4-04-198502-1。(初出:『仏教の思想』第2巻 角川書店、1969年)
  • 中村元『龍樹』講談社学術文庫、2002年。ISBN 4-06-159548-2。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.