瑞江大橋

瑞江大橋(みずえおおはし)は、新中川に架かるのひとつで、東・西岸の東京都江戸川区西瑞江四丁目地内を結び、今井街道(江戸川区道)を通す。

瑞江大橋
一之江駅側たもとから見る瑞江大橋
基本情報
日本
所在地 東京都江戸川区西瑞江四丁目地内
交差物件 新中川
路線名 今井街道(江戸川区道)
開通 1960年(昭和35年)
座標 北緯35度41分5.2秒 東経139度53分9.5秒
構造諸元
形式 単純プレートガーダー桁橋
全長 128.9 m
11.0 m(車道:8.0 m 歩道:1.5 m×2)
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式

歴史

1960年(昭和35年)[1]新中川掘削工事に伴い架橋された。斜橋となっている。

現橋の諸元

  • 形式 – 単純プレートガーダー桁橋
  • 橋長 – 128.9 m[1]
  • 支間数 – 5
  • 幅員 – 11.0 m(車道:8.0 m 歩道:1.5 m×2)

現況

架橋後40余年が経過し、老朽化が進む中で補修が繰り返し行われている。

また、今井街道を利用して千葉県に向かう車や、路線バス(都営バス京成バス)が通っていることから橋の交通量は多い。

整備計画·方針

「水と緑の交わり」をテーマに河港性レクリエーションの拠点とし、水・陸の交通の結節点に相応しい整備が行われる。

また、新中川にアプローチする陸からのゲートに相応しい空間としての整備を考えている。整備時期については、当分は耐震補強を施し橋梁を維持し、江戸川区の今後の財政事情を考慮の上、事業化する方針である。

デザインイメージ

今井街道は昔の「行徳道」にあたり、旧街道の復活をイメージし、新しい街を結ぶ緑(並木)をモチーフに演出される。

整備される橋の概略

路線バス

瑞江大橋はバス路線が通る。1968年(昭和43年)まではトロリーバス上野公園今井間)が運行されていた。

周辺

隣の橋

(上流) - 涼風橋 - 明和橋 - 瑞江大橋 - 新今井橋 - 瑞穂大橋 - (下流)

脚注

  1. 瑞江大橋1960- 土木学会付属土木図書館、2018年6月21日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.