現代歌人協会

現代歌人協会(げんだいかじんきょうかい)は日本の歌人団体。

歴史

活動

  • 当初の「短歌年鑑」の編集、「現代短歌」の発行に続き、土曜講座と形を変えながら公開講座は回を重ねている。また文化庁主催の国民文化祭短歌部門に参画、朝日新聞社と連繋する全国短歌大会は1972年に発足している。
  • 現代歌人協会賞1957年以来、毎年優れた新人を送り出している。加えて1978年からの現代短歌大賞は年次の功績者を顕彰するものである。

組織・運営

  • 運営には理事会があたり、理事は総会で選出され、補充理事を加えて20名前後、任期は1999年から3年となった。理事長は五島茂から近藤芳美加藤克巳篠弘佐佐木幸綱大島史洋栗木京子と続いている。
  • 組織としては常任理事をおき、財務委員会、企画・事業委員会、広報委員会、著作権委員会、協会賞委員会、短歌大賞委員会、会員推薦委員会で構成されている。

脚注

  1. 三省堂書店『現代短歌大事典』

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.