王朝物語

王朝物語(おうちょうものがたり)は、平安時代後期から室町時代前期ごろにかけて作られた小説物語群のうち、和文平仮名表記をもっぱらとし、王朝期の風俗美意識文学観念に依拠しつつ製作されたものを指す。一般的には作り物語を中心とする概念であるが、歌物語歴史物語などをも広く含みつつ、中世近世の小説・説話類と対置することも多い。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.