王崇

王 崇(おう すう、? - 3年)は、前漢の人物。琅邪郡皋虞県(現在の山東省青島市即墨区)の人。徳礼[1]王吉の孫で御史大夫王駿の子。王游の兄。

王 崇(おう すう)とは、古代中国の人物。


略歴

父王駿の任子により郎となり、刺史太守を歴任するうち有能であると評判になった。建平3年(紀元前4年)、河南太守のときに御史大夫に任命された。

その年、王崇は呪詛していたという罪に坐していた、上記の同姓同名の安成侯王崇の夫人の放を弁護したが、放と御史大夫王崇の家は姻戚関係にあったことから、哀帝は王崇を忠実ではないと思い、御史大夫を罷免して大司農に左遷した。

元寿2年(紀元前1年)に衛尉となり、次いで左将軍に遷った。

その年に哀帝が死亡して平帝が即位し王莽が権力を握ったのち、大司空彭宣が職を辞したため、王崇が後任の大司空となり扶平侯に封じられた。

元始2年(2年)、王崇は王莽を避けるため病気と称して解任を求めて認められた。

翌、元始3年(3年)に王崇はに毒殺され、子に王遵があったが、国は没収となった。

後に王遵は後漢光武帝に仕えて、中大夫となり、義郷侯に封じられた。

脚注

  1. 新唐書』 卷72中 宰相世系二中

参考文献

  • 班固著『漢書』巻18外戚恩沢侯表、巻19下百官公卿表第下、巻72王崇伝
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.