王子本町

王子本町(おうじほんちょう)は、東京都北区町名[4]。現行行政地名は王子本町一丁目から王子本町三丁目。住居表示施行地域である。郵便番号は114-0022[2]

日本 > 東京都 > 北区 (東京都) > 王子本町
王子本町
北区役所
王子本町
王子本町の位置
北緯35度45分11.2秒 東経139度44分0.79秒
日本
都道府県 東京都
特別区 北区
地区 王子地区
面積
  合計 0.299km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
  合計 5,701人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
114-0022[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬

地理

北区中央部に位置する。JR京浜東北線東京メトロ南北線王子駅の西に位置する区域で、町域内は主に住宅地として利用されるほか、北区役所が置かれ、北区の行政上の中心地となっている。東は王子、西は十条台、南は滝野川、北は中十条岸町と接する。町域の南端には通称「音無川」と呼ばれる石神井川が流れ、東部を通る本郷通りには音無橋が架けられている。

一丁目に北区役所、北区公会堂(閉館)、順天中学校・高等学校音無親水公園、王子地域包括支援センター、王子神社、真宗大谷派願徳寺、二丁目に区立王子第二小学校、三丁目に都営王子本町三丁目アパート団地)がある。

地価

住宅地の地価は2018年平成30年)1月1日公示地価によれば王子本町2-27-4の地点で50万3000円/m2となっている。

歴史

王子本町はかつての王子村のうち、王子神社が置かれた本村を中心としている。後に北豊島郡王子町大字王子、東京市王子区王子町となるが、1939年昭和14年)に王子区王子町の大部分が下十条町の一部と共に王子一丁目~五丁目となる。しかし、王子町のうち後に王子本町を構成する地域(旧王子町のうち、東北本線以西の大部分)は王子町として残り、北区発足後もそのままであった。しかし、1956年昭和31年)に講和条約締結記念による町名地番整理事業が行われ、王子町の全域より、王子本町一丁目~三丁目を新設。さらに1966年(昭和41年)11月15日の住居表示時に王子本町一丁目~三丁目の全域と下十条町の一部により、現在の王子本町一丁目~三丁目が形成される[5]

かつて三丁目には十条台一丁目に跨る区域に東京第一造兵廠十条工場が置かれ、第二次世界大戦後は米軍によってキャンプ王子が置かれていた。1972年(昭和46年)には返還運動が起こり、北区立中央公園の一部や都営王子本町三住宅などになっている。

地名の由来

王子神社が所在し、王子村の本村であったことから「王子本町」とした。

沿革

1939年昭和14年)以前は「王子 (東京都北区)」を参照。

  • 1939年(昭和14年):東京市王子区王子町の大部分が王子一丁目~五丁目となり、王子本町の前身となる地域のみが王子町として残る。
  • 1943年(昭和18年)7月1日東京都制により、東京都王子区王子町となる。
  • 1947年(昭和22年)3月15日:王子区が滝野川区と合併し、東京都北区王子町となる。
  • 1956年(昭和31年):講和条約締結記念による町名地番整理事業が行われ、王子町の全域より、王子本町一丁目~三丁目を新設。
  • 1966年(昭和41年)11月15日:住居表示施行。王子本町一丁目~三丁目の全域、下十条町の一部より、北区王子本町一丁目~三丁目を新設。

町名の遍歴

実施後 実施年月日 実施前
王子本町一丁目 1966年11月15日 王子本町一・二・三丁目の全域、下十条町の一部
王子本町二丁目
王子本町三丁目

世帯数と人口

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目世帯数人口
王子本町一丁目 1,313世帯 2,396人
王子本町二丁目 1,174世帯 1,976人
王子本町三丁目 853世帯 1,329人
3,340世帯 5,701人

小・中学校の学区

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目番地小学校中学校
王子本町一丁目1〜18番
21〜30番
北区立王子第二小学校北区立王子桜中学校
その他北区立十条富士見中学校
王子本町二丁目全域
王子本町三丁目全域

施設

交通

道路

脚注

  1. 世帯と人口”. 北区 (2017年12月10日). 2017年12月19日閲覧。
  2. 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月19日閲覧。
  3. 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月19日閲覧。
  4. 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1978年
  5. 角川日本地名大辞典 13 東京都(角川書店)
  6. 小学校通学区域一覧”. 北区 (2017年11月7日). 2017年12月19日閲覧。
  7. 中学校通学区域一覧”. 北区 (2017年4月1日). 2017年12月19日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.