王司 (下関市)

王司(おうじ)とは、山口県下関市の王司地区(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所王司支所の所管する区域)を指す地域名称

王司
おうじ
日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
自治体 下関市
旧自治体 王司村
面積
14.64km²
世帯数
3,046世帯
総人口
7,393
登録人口、2011年12月31日現在)
人口密度
504.99人/km²
隣接地区 本庁地区勝山地区清末地区
下関市役所王司支所
北緯34度2分45.95秒 東経131度0分54.21秒
所在地 〒752-0911
山口県下関市王司神田一丁目9番1号
王司

本項では同地域にかつて所在した豊浦郡豊東前村(とよひがしまえそん)、王司村(おうじそん)についても述べる。

地域概要

  • 下関中心市街地から北東へ約12km、下関市の東方に位置する地域で、主として中心部である海側・宇部と内陸側・員光(かじみつ)からなる。
  • 登録人口は7,443人。(2009年2月28日現在、下関市役所ホームページによる。)
  • 地区面積は14.66km2。(2007年10月1日現在、下関市役所ホームページによる。)
  • 東は周防灘に面し、北は神田川を挟んで清末地区と、南は長府地区と、西は勝山 (新下関)地区と隣接する。
  • 農地がひろがる田園地帯であったが、国道491号(旧国道2号)沿線を中心に宅地化および商業開発が進展しつつあり、ゆめタウン長府付近の国道2号(小月バイパス)沿線にも商業施設がいくつか立地している。
  • 域内には、国道2号(小月バイパス)、国道491号、主要地方道である県道33号が通る。県道33号は勝山・安岡方面への抜け道としてよく利用される。また域内にJR山陽本線が通るものの駅はなく、長府駅あるいは小月駅を利用することとなる。

地名由来と地域のあゆみ

おうじそん
王司村
廃止日 1939年5月17日
廃止理由 編入合併
小月町清末村王司村勝山村吉見村下関市
現在の自治体 下関市
廃止時点のデータ
日本
地方 中国地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
豊浦郡
総人口 2,866
国勢調査1935年
隣接自治体 下関市
豊浦郡勝山村、清末村
王司村役場
所在地 山口県豊浦郡王司村
ウィキプロジェクト

自治体としての沿革

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、神田村、山田村、員光村、宇部村、才川村、松小田村が合併して豊浦郡豊東前村が発足。
  • 1898年(明治31年)9月1日 - 豊東前村が改称して王司村となる。
  • 1939年昭和14年)5月17日 - 王司村が下関市に編入。同日王司村廃止。

主な施設・名所など

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.