王世貞

王 世貞(おう せいてい、嘉靖5年11月5日1526年12月8日) - 万暦18年11月27日1590年12月23日))は、中国明代学者政治家は元美、は鳳州(ほうしゅう)、または弇州山人(えんしゅうさんじん)。南直隷蘇州府太倉州の出身。官は刑部尚書に至った。弟に詩人の王世懋がいる。

王世貞

業績

書法書論をよくし、特に評論家として有名である。万暦年間前半の20年、文壇に君臨し、文は前漢盛唐を貴んだ。著に題跋として『弇州山人題跋』・『弇州書画題跋』、書論として『古今法書苑』(漢から明に至る書学関連文献の集大成)・『弇州山人四部稿』174巻(四部とは・詩・文・説の4目)・同『続稿』207巻(賦・詩・文の三部)・『芸苑巵言』(古今の書についての見解を述べたもの)など多数ある[1][2][3][4]

脚注

  1. 鈴木洋保 P.202-205
  2. 藤原鶴来 P.140
  3. 比田井南谷 P.274
  4. 辞典(西川) P.16、P.18

出典・参考文献

  • 鈴木洋保 「書論の歴史」(角井博監修『〔決定版〕中国書道史』芸術新聞社、2009年1月)ISBN 978-4-87586-165-2
  • 比田井南谷 『中国書道史事典』普及版(天来書院、2008年8月)ISBN 978-4-88715-207-6
  • 西川寧編 「書道辞典」(『書道講座 第8巻』 二玄社、1969年7月)

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.