玉髄

玉髄(ぎょくずい、chalcedony[2]カルセドニー)とは、石英の非常に細かい結晶が網目状に集まり、緻密に固まった鉱物変種。美しいものは宝石として扱われる。

玉髄
Chalcedony
分類 酸化鉱物, 水晶グループ
化学式 二酸化ケイ素 (SiO2)
結晶系 三方晶系 か 単斜晶系
モル質量 60 g/mol
へき開 Absent
断口 不平坦状, 多片状, 貝殻状
モース硬度 6–7
光沢 蝋光沢, ガラス光沢, 無光沢, 脂肪光沢, 絹糸光沢
様々
条痕
透明度 半透明
比重 2.59–2.61
文献 [1]
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
玉髄製のナイフ、AD 1000-1200

語源

Chalcedony という語は、ラテン語のchalcedonius (別名:calchedonius)という語から来ている。この語は、大プリニウス博物誌には、半透明の碧玉(ジャスパー)のくくりとして記される[3]。さらに語源を遡ると、現在のイスタンブールにあるカドゥキョイ地区にあった古代都市カルケドン(ラテン語: Chalcedon)に由来するものとされている[4]

産出地

性質・特徴

含まれる不純物によっていろいろな色があり、それぞれ様々な名称で呼ばれている。

紅玉髄(べにぎょくずい、カーネリアン)
全体が赤色のもの。
緑玉髄(りょくぎょくずい、クリソプレーズ)
緑色のもの。
瑪瑙(めのう、アゲート)
石英や蛋白石との縞状模様のもの。
碧玉(へきぎょく、ジャスパー)
不純物をかなりの量含んでいて不透明なもの。
血石(けつせき、ブラッドストーン、血碧玉)
碧玉のうち斑点状に赤色が混じっているもの。

用途・加工法

石器時代には石器の素材として珍重された。江戸時代には火打石としても用いられた。

現代でも、飾り石帯留数珠などの装飾品、高級な食器などに加工されて利用されている。

脚注

  1. Duda, Rudolf; Rejl, Lubos (1990). Minerals of the World. Arch Cape Press
  2. 文部省編『学術用語集 地学編日本学術振興会、1984年、30頁。ISBN 4-8181-8401-2。
  3. Pliny the Elder. “chapter 7”. 博物誌. Book 37. p. 115. https://books.google.com/books?id=oHlGAAAAYAAJ&pg=PA163
  4. 松原聰. 玉髄 ぎょくずい chalcedony”. 日本大百科全書. 2018年8月5日閲覧。
  5. Streeter, Edwin (1898). Precious Stones and Gems. p. 237

参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.