狙い撃ち法

狙い撃ち法[1][注釈 1](ねらいうちほう,: shooting method)とは,零点の挙動を調べることで境界値問題の解構造や非線形振動系の周期解を求める,数値解法の一つである[6]:6[4](抄録)[1]初期値を調整して終端条件を合わせる様子が射的に似ていることから名付けられた[7]:747境界条件を含む場合など,ルンゲ゠クッタ法のような数値解法を用いられない場合に適用する[8]:18

種類

ポアンカレ写像不動点ニュートン法によって求める狙い撃ち法には次の二種類が存在する[4](抄録):

単一シューティング法[5]: single shooting method
多重シューティング法[9]: multiple shooting method

脚注

注釈

  1. 狙撃法[2]:227」などの表記揺れが存在するが,文部科学省の告示[3]に従い,狙撃(そげき)との読み間違いを避ける為に「狙い撃ち法」とした。 又、他に「シューティング法[4][5]」とも呼ばれる。

出典

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.