特許庁総合庁舎

特許庁総合庁舎(とっきょちょうそうごうちょうしゃ)は、東京都千代田区霞が関にある日本中央省庁の庁舎。特許庁及び独立行政法人工業所有権情報・研修館が入居する。

特許庁総合庁舎
情報
設計者 建設大臣官房官庁営繕部、日建設計
施工 竹中工務店安藤建設三井建設
構造形式 S造(地上部)、SRC及びRC造(地下部)[1]
敷地面積 11,402 m² [1]
建築面積 5,460 m²
延床面積 86,818 m² [1]
階数 地上16階、塔屋2階、地下3階[1]
高さ 80.95m
着工 1986年7月
竣工 1989年5月
開館開所 1989年6月7日
所在地 100-8915
東京都千代田区霞が関3丁目4番3号

概要

特許庁総合庁舎正面玄関

1989年(平成元年)3月に竣工。同所にあった1934年(昭和9年)竣工の旧庁舎(所在地の旧地名に因んで、三年町庁舎と呼ばれた)を建て替えたものである。官公庁としては初めての、また、竣工当時としては民間を含めても最大規模のインテリジェント・ビルであった[2]

庁舎の中央には光庭が設けられ、基準階では光庭を挟んで南北に各2,400m2の執務室が設けられている[3]。官公庁としては珍しく、外壁は花崗岩貼りとされている[2]

地球温暖化対策として、30kWの太陽光発電設備、複層ガラス、ビルエネルギー管理システム(BEMS)、雨水を再利用する中水道を採用している[4]。また、近隣の霞が関ビル東京倶楽部ビル、新霞が関ビル、商工会館・弁理士会館ビルとともに、地域熱供給を行っており、蒸気及び冷水の供給を受けて、冷暖房、給湯、加湿を行っている[5]

設備や機器等が老朽化しているため大規模な改修を行っており[6]、一部の部署が2016年竣工の住友不動産六本木グランドタワー(六本木三丁目東地区プロジェクト)に仮移転している[7][8][9]

江戸時代は日向延岡藩内藤家の屋敷があった位置である。

脚注

  1. 経済産業省特許庁庁舎の管理・運営業務 民間競争入札実施要項(案) (PDF) 経済産業省特許庁総務部会計課、2010年9月
  2. 官庁営繕:特許庁総合庁舎 国土交通省
  3. 「NIKKEN×OFFICE」展 特許庁庁舎 日建設計
  4. 官庁施設における地球温暖化対策 (PDF) 国土交通省大臣官房官庁営繕部、2009年6月1日
  5. 霞が関三丁目 | 一般社団法人日本熱供給事業協会
  6. 「特許庁庁舎改修に伴う仮移転先(事務室等)」の公募について”. 特許庁 (2014年12月1日). 2014年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月28日閲覧。
  7. 六本木仮庁舎への一部移転について”. 特許庁 (2016年12月19日). 2018年8月28日閲覧。
  8. 【移転】住友不動産の新築に特許庁、6300坪を利用 日経不動産マーケット情報、2015年3月2日
  9. エコノミストリポート:業績改善で企業が移転 2015年3月17日号 週刊エコノミスト

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.