牛窓町

牛窓町(うしまどちょう)は、かつて岡山県南東部、邑久郡に存在した2004年11月1日、同郡の邑久町長船町と合併して瀬戸内市となり、町役場は瀬戸内市役所牛窓支所となっている。

うしまどちょう
牛窓町
廃止日 2004年11月1日
廃止理由 新設合併
牛窓町長船町邑久町瀬戸内市
現在の自治体 瀬戸内市
廃止時点のデータ
日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
邑久郡
市町村コード 33361-1
面積 27.50km2
総人口 7,545
(2003年)
隣接自治体 岡山市、邑久町
他のシンボル なし
牛窓町役場
所在地 701-4392
岡山県邑久郡牛窓町牛窓4911

旧・牛窓町役場
外部リンク 牛窓町(Internet Archive)
座標 北緯34度37分14秒 東経134度08分48秒
ウィキプロジェクト

概要

西は岡山市、北は邑久町、東と南は瀬戸内海に面している。特に観光業に力をいれており、「日本のエーゲ海」と称している。また、岡山県有数のマッシュルームの生産地であり、香川県小豆島とならび日本二大オリーブ産地の一つでもある。

町名の由来

神功皇后三韓征伐の道中、この地で塵輪鬼(じんりんき=頭が八つの大牛怪物)に襲われたが弓で射殺。皇后が新羅からの帰途、成仏出来なかった塵輪鬼が牛鬼になって再度来襲、住吉明神が牛鬼の角をつかんで投げ倒した。この場所を牛転(うしまろび)といい、訛って牛窓になったという。牛窓界隈には、伝説にまつわる浮かぶ島や神社等がある。

牛窓には、前島・黄島・黒島・青島などの島々が瀬戸内海に浮かんでいる。定かではないが、この牛鬼が滅びた後にこれらの島々に化けたとの言い伝え(伝説)がある。頭は黄島、胴体の前は前島、胴体の後ろは青島、お尻の部分は黒島に化けたと地元では伝えられている。

行政

歴代町長

  • 萬燈実太(昭和29年10月 - 昭和32年11月)
  • 高祖鶴雄(昭和32年12月 - 昭和40年12月)
  • 高原道夫(昭和40年12月 - 昭和52年12月) 
  • 新地 勇(昭和52年12月 - 平成元年12月)
  • 田中義之(平成元年12月 - 平成9年12月)
  • 東原和郎(平成9年12月 - 平成16年10月) → 合併により瀬戸内市副市長へ

歴史

古くから海上交通での風待港として栄え、江戸時代には朝鮮通信使の寄港地でもあった。明治以降は交通流路から外れたことにより衰退した。

  • 1889年(明治22年)6月1日 - 町村制施行により邑久郡牛窓村・鹿忍村・長浜村・大宮村が発足。
  • 1896年(明治29年)2月26日 - 牛窓村が町制施行して牛窓町となる。
  • 1948年(昭和28年)1月28日 - 沖合で女王丸が触雷により沈没。多数の避難者が町にたどりつく[1]
  • 1954年(昭和29年)10月1日 - 邑久郡牛窓町・鹿忍町・長浜村が合併し、(新)牛窓町が発足。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 大宮村の一部を牛窓町に編入。
  • 2004年(平成16年)11月1日 - 邑久町・長船町と合併し、瀬戸内市誕生により消滅。「瀬戸内市牛窓町」となる。

警察

産業

主な産業は、農業、漁業、観光業。特にマッシュルームオリーブカキの生産が盛んである。

スポーツ

2004年の高校総体、市制施行後の2005年に行われた晴れの国おかやま国体では、セーリング競技の開催地となった。

姉妹都市

教育

町内に大学、高等学校はない。

小学校
  • 牛窓町立牛窓東小学校
  • 牛窓町立牛窓西小学校
  • 牛窓町立牛窓北小学校
中学校
  • 牛窓町立牛窓中学校

上記各校とも現在は瀬戸内市立となっている。

交通

町内を走る鉄道、高速道路、一般国道はない。

電気

才賀藤吉が1912年(大正元年)8月に事業許可を得て1913年(大正2年)6月に牛窓電気を設立[2]。牛窓町に発電所(瓦斯力、出力32kW)を建設、1914年(大正3年)12月に事業開始。供給区域は邑久郡牛窓町、鹿忍村、長浜村、玉津村[3]。1922年(大正11年)3月に山陰中央水電に合併される。[4][5]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

本蓮寺
黒島ヴィーナスロード

脚注

  1. 「死者行方不明者百四十余名 女王丸触雷沈没」『朝日新聞』昭和23年1月29日2面
  2. 『日本全国諸会社役員録. 第23回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. 『電気事業要覧. 第8回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. 『電気事業要覧. 第14回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. 『中国地方電気事業史』中国電力、1974年、194頁
  6. 干潮時だけ出現、砂の道人気 黒島ヴィーナスロード”. 朝日新聞 (2018年4月23日). 2018年5月3日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.